現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療安全管理科

医療安全管理科

医療安全管理室

 医療安全管理室では、病院内の医療安全に関連する活動を支援しております。
 医療安全推進は各部門を横断した対応が必要なため、調整的な役割も担っています。

統括医療安全管理者

 安全は医療の質を維持するための基本であり、医療従事者一人ひとりの安全に対する意識の向上と知識・技術の研鑽、これをサポートする組織的取り組みが必要不可欠であると思います。しかし、医療は人と人との関わりの中で行われるものであり、病気が治るというだけでなく、患者一人ひとりの価値観を尊重した「患者中心の医療」を展開する中で医療安全を推進していく必要があります。



ページのトップへ

医療安全管理科

専従医療安全管理者

 医療安全管理科では、本会からの医療安全管理指針に基づき、網走厚生病院医療安全対策マニュアルを策定しております。それらに基づいて安全対策を推進しています。院内職員に対する研修会の開催、航空や原子力などハイリスク産業で実践されているヒヤリハットやニアミスなどを報告するセーフティポートシステムの構築、院内巡視などを実施しております。

 医療安全管理者研修を受けた専従医療安全管理者(1名)は、各部門に医師や薬剤師、看護師、コメディカルなどが部門セーフティマネジャーと連携して院内の安全推進活動を管理しております。

職員に対する研修会
 全職員対象に医療安全の講演会をはじめとして各種研修会を開催しております。これによって職員の安全に対する意識を高め、また個別の技術研修などにより安全の推進をはかっております。

セーフティレポートシステム
 医療安全を推進するため、その具体的な方策としてセーフティレポートを提出することにより、院内に内在する問題を顕著化させ、医療安全推進委員会を通しその問題を分析、業務改善をはじめとした医療安全対策に、組織全体で取り組むこととしている。
院内監査
 策定し実施した対策、および業務マニュアル・手順が各部門・部署で徹底されているかを、以下の方法などを用いて随時評価する。
  ①巡回パトロール
  ⇒巡回員が各部門・部署を巡回のうえ、聞き取り調査などにより点検し評価する。
  ②自己点検
  ⇒チェックリストを各部門・部署に配布し、記入内容を点検し評価する。
  ③監査
  ⇒監査チーム(評価員)によって、チェックリスト、書類点検、聞き取り調査などを
   用いて実際の業務を点検し評価する。

相談担当

医療安全管理科では、患者様からの苦情・相談を専属の担当者が受け付けております。

保安担当

 医療安全管理科では、院内で発生した暴言・暴力事案等を専属の担当者が対応を行っております。また、院内を定期的に巡視し職員・患者様の安全の確保に努めております。

最終更新日:2017年08月14日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療安全管理科