現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. 放射線技術科
  6. アイソトープ検査

アイソトープ検査

代謝機能測定等、生体機能診断に威力を発揮します。

核医学検査室 地下1階

1
 放射線医薬品(ラジオアイソトープ)を体内に投与し、その分布状態を体外からガンマ線カメラを被検者の周りに周回させて多方向から撮影することにより、放射性医薬品の体内分布の多層断層像を得ることができます。脳・心臓・を始めとする全身各部位の血流量や代謝機能等を、臓器や組織の形態よりも、生体機能診断に有益な情報を得ることができるのが、この装置を用いた核医学画像の大きな効用です。

症例. 虚血性心疾患

2
左図は心臓に集まる薬(放射性医薬品)を投与して画像化した像.
上段が心臓に負荷をかけた画像,下段が安静時の画像.
2つの画像から虚血の有無や動画(右図)から心機能を判断します.

最終更新日:2014年10月10日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. 放射線技術科
  6. アイソトープ検査