現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 薬剤科
  5. 薬剤管理指導

薬剤管理指導

 当院では、入院患者さまの安全で効果的な薬物療法をサポートするために、各病棟専任の薬剤師がお薬に関する専門的な業務を担当しています。
担当薬剤師は、患者さまに服薬の意義を理解していただくとともに、患者さまから得られた情報を病棟のスタッフと共有しています。また、医師をはじめとする病棟スタッフに最新の医薬品情報を提供するよう努めています。

服薬指導

服薬指導

実際の服薬指導風景

 入院時には、患者さまからお薬に関して過去の副作用歴など、必要な情報をお伺いしています。同時に他の医療機関で処方された医薬品、市販薬やサプリメント、民間療法などは、当院での処方薬との相互作用(作用減弱あるいは増強など)が生じることもあるため、患者さまが持参してきたお薬を確認しています。同時に治療や検査を行う上で、注意しなければならない薬剤がないか確認しています。
 入院中には内服薬、外用薬、注射薬について効果や飲み方・使い方、副作用などの説明を行っています。また、薬の説明だけではなく、薬が安全・適切に使用されるよう、薬剤師が常にチェックしています。患者さんのところに伺う時間は限られますが、見えないところでも目を配っています。
 退院時には、処方された薬の名前、飲む量や使用回数、使うときの注意などが書かれた“おくすりの説明書”や“おくすり手帳”を必要に応じてお渡し、他の医療機関・学校・施設でも活用できるようにしています。(最近はジェネリック医薬品が増えてきており、同じ成分でも名前が違っているお薬が多くあり、重複などの注意が必要です)

医薬品情報の提供

医薬品情報の提供

処方について医師と協議します

 薬がなかなか覚えられない、飲み忘れてしまう、といった患者さんには、わかりやすい説明書を作成するなどして、理解や管理を支援しています。
 また、患者さんが飲みやすい・使いやすい剤型に変える工夫などもしています(錠剤から粉薬、など)。 その他、医師や看護師からの質問にも対応し、患者さんの治療が安全かつ効果的に行われるように、薬剤師として専門的な知識を活かして、医師・看護師と共に活動しています。

回診・カンファレンス等への参加

回診・カンファレンス等への参加

回診に同行し情報収集や情報提供を行います

 回診同行、面談同席、申し送り、カンファレンス等に参加しています。 医療スタッフ内の統一した見解で、患者さまに対応できるよう情報を共有しています。 

最終更新日:2017年06月01日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 薬剤科
  5. 薬剤管理指導