現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. リハビリテーション部門

リハビリテーション部門

理学療法

理学療法では、骨折や脳卒中、肺炎などによって身体機能・歩行能力・ADL能力(日常生活活動)が低下した方々に対し、日常動作に必要な筋力などをつける機能訓練、関節炎などにより動きづらくなった関節に対しての関節可動域訓練、また痛みの緩和などを目的とした物理療法を実施しています。患者さまの生活様式に合わせた訓練や指導を行い、より良い在宅生活を送れるようにサポートを行っています。

主な対象疾患は整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患で、とくに冬のスキーシーズンには骨折等の患者さまも多いです。 

リハ1
リハ2

【作業療法】

作業療法では、その人らしい生活を獲得できるよう援助していくリハビリテーションの一つです。日常生活動作、仕事、遊びなど生活に関わる様々な作業活動を治療の手段として用います。当院では、脳血管疾患、骨折、パーキンソン病、加齢に伴う身体機能低下など障害を持つ方に対して行う身体障害分野と、統合失調症、躁うつ病、認知症などの方に行う精神障害分野、地域で生活する外来の方に行う精神科デイケアで作業療法士がリハビリテーションを行っています。

その他、安全に在宅生活が送れるよう、入院中の患者さまとご自宅に伺う『退院前訪問』も行っています。

リハ3
リハ4

【言語聴覚療法】

 言語聴覚療法では、脳の病気などで言葉が出にくくなったり、相手の話していることが理解しにくい障がいがある患者さまへ言語聴覚士が言語訓練を行っています。

 また、食べ物の飲み込みにくさ(摂食嚥下障がい)に対するアプローチも行っており、安全に食べるための訓練やアドバイスをさせて頂いています。

 喉の動きや食べ物の通りを見る検査(嚥下造影検査)も実施しています。
 嚥下評価相談は地域医療連携室もしくは言語聴覚室までお問い合わせください。

リハ5
リハ6

最終更新日:2014年05月15日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. リハビリテーション部門