現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 泌尿器科
  5. 泌尿器科外来からのお知らせ

泌尿器科外来からのお知らせ

はじめに

 当泌尿器科は主に尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と男性性器(精巣、精管、前立腺)の病気ならびに副腎の病気に対して、治療を行っております。排泄や生殖に関係することもあり、症状あっても何となく恥ずかしいといった感覚から受診をためらう方がいるのではないかと思います。
 排泄や生殖は日々の生活、人生の中でとても重要なことと考えてます。困ってる方、悩んでいる方があれば、気軽にご相談下さい。わたしたちは、ひとりひとりの患者様にとって一番良い治療は何かを念頭において、地域においても都市部と変わらぬ医療が提供できるよう努力しています。

泌尿器科の主な病気について

前立腺肥大症
 早い方で50歳を過ぎたあたりから尿が出づらい、おしっこが近い、夜間おしっこに起きるようになったなどの症状があらわれます。重傷度によって、経過観察、薬物療法、内視鏡による手術療法など適切な治療法をきめてゆきます。前立腺がんの可能性についても識別が必要になります。
前立腺がん
 男性の悪性腫瘍のなかでもっとも増加しているがんのひとつです。症状を有する場合は前立腺肥大症のように排尿困難があらわれ、進行すると腰痛(前立腺がんは骨に転移しやすい)などの症状がでることがあります。
 現在発見される前立腺がんの多くはPSA(前立腺特抗原)とよばれる血液検査の異常からがんの存在が疑われ、診断されます。早期がんであれば、根治手術や放射線治療により治癒が期待されます。当院では根治手術を積極的に行ってます。早期発見が重要ですので、50歳を過ぎたら、PSAによる血液検査をお勧めします。
尿失禁(腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁など)
 咳やくしゃみをすると尿までもれる、トイレまで我慢できない・・・などの症状で困っている方がいると思います。原因により治療法が異なりますが正確な診断にもとづいた治療法の選択が重要です。比較的簡単な検査で診断できますので、気軽にご相談下さい。
尿路性器の感染症
 細菌などの微生物が尿路、性器に感染し症状を呈する病態です。膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、腎盂腎炎、精巣上体炎などがあります。軽度のものから全身の消耗をともなうものまであり、早期の治療がやはり重要です。
 クラミジア、淋菌による尿道炎など性行為感染症は近年ふたたび増加してきています。このなかには抗菌薬の抵抗性をもった治りづらい感染症もあり、専門知識を有する医師による正確な治療が必要です。
尿路結石症
 腎臓、尿管、膀胱、尿道にできる結石のことで、ときに激痛をともない救急車で運ばれていく方もいます。また再発が多いことも特徴としてあげられます。
 尿路結石の治療は、大きさが小さいものであれば自然排石が期待できますが、ある一定以上の大きさでは結石を破砕してださなくてはなりません。現在は体外衝撃波結石破砕術(ESWL)及び内視鏡的に行う経尿道的尿路結石砕石術が主流です。どちらの治療を行うかどうかは、結石の大きさ、場所などにより決定します。これまで、当院ではESWLの設備がないため、必要な方は小樽か札幌の施設を紹介していましたが、2005年7月より当院でもESWLの治療が可能となり、良好な成績が得られます。今後は最新の設備のもとで地域医療にいっそう貢献できるものと思います。
腎細胞がん
 腎臓にできる腫瘍の90%は腎細胞がんです。放射線治療、抗がん剤などは無効であり、外科的治療が原則となります。腫瘍の大きさ、位置などにより全摘除術、部分切除術など適切な術式を検討してゆきます。腹腔鏡を用いた術式も札幌医科大学泌尿器科の専門技術を有した医師の支援のもとで適応があれば施行していきます。
膀胱がん
 中高年の男性に頻度が高く、痛みなどの症状がなく血尿がでた場合、本疾患が疑われます。診断には内視鏡検査が必要ですが、軟性膀胱鏡により以前と比較し痛みなど苦痛が軽減され、短時間に検査が可能になりました。治療は進行度によりことなりますが、多くは表在性(粘膜にとどまる早期の段階)で内視鏡手術で治療を行います。再発が多いため治療後の定期検査が重要です。
腎不全
腎臓のはたらきが悪くなると、次のような症状が出てきます。
  • 尿が十分につくられなくなる⇒体のむくみ、胸、腹などに水がたまる。
  • 本来尿で排出される体に不要な物質がたまってくる⇒尿毒症(尿毒症⇒つかれ、高血圧、吐き気、食欲不振、かゆみ、意識障害など)
このような方に対しては腎臓の代わりをする治療として透析治療が必要になってきます。当科では内科医と協力して透析治療をおこなっています。
その他、副腎腫瘍などの内分泌疾患、小児の膀胱尿管逆流症などの先天異常、勃起障害(ED)、男性不妊症(男性側の因子についての検査など)に対しても、治療をおこなっています。

最終更新日:2013年01月17日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 泌尿器科
  5. 泌尿器科外来からのお知らせ