現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 地域がん診療連携拠点病院
  4. 住民の皆様へ
  5. 化学療法室へようこそ

化学療法室へようこそ

化学療法室ってどんなところ?

化学療法室1
 帯広厚生病院では、患者さんの生活の質(QOL)を重視する観点から外来化学療法を積極的に行っています。これは入院せずに通院でがん治療を行うスタイルです。このことにより、お仕事や自宅での生活を維持しながらがん治療に取り組むことが可能になります。病院3階にある化学療法室とは、通院でがん化学療法を受けられる方の治療室のことです。化学療法は、がん化学療法看護認定看護師1名を含む専任看護師4名が担当しています。外来での治療は不安も大きいと思いますが、ご自宅から の通院により家族の支えを身近に感じながら安心して治療を受けていただけるように色々な職種が協力してサポートを行っています。化学療法室には、点滴のためのベッド10台とリクライニングチェア6台を用意しております。各ベッド・チェアには雑誌や備え付けのテレビもあり、リラックスして治療を受けていただけるように配慮しています。

通院で化学療法を受けるまでの流れ

治療決定時
  1.  医師から治療を行うことにより期待される効果や副作用、治療スケジュール、およびその費用などについて説明を受けます。
  2. 治療開始日程が決まったら、化学療法室のオリエンテーションとして、治療室の見学・治療の日に行われることの説明・治療の予約等を行います。
治療当日
化学療法スタッフ
  1. 予約時刻に化学療法室へ来ていただきます。                             (ブロックで受付の必要はありません。 東棟のエレベーターをご利用ください)
  2. 待合室で血圧の測定がおわりましたら、 採血をします。
  3. 採血の後にポケットベルをお受け取り  ください。(検査結果が揃い次第、ポケットベルでお知らせします。待ち時間は院内のどの場所でお過ごしいただいても構いません)
  4. ポケットベルが鳴りましたら、診療科窓口または診察室の看護師に声をかけてください。    (診察室へはお名前でお呼びします)
  5. 医師の診察があります。
  6. 治療を行うことが決定したら、連絡用紙・会計票のファイルを受け取り、化学療法室へ戻ります。
  7. 化学療法室で点滴を行います。
  8. 終了後は会計票をブロック又は9番会計に提出し薬の引換券をお受け取りください。
  9. 薬局でお薬を受け取り、内容を確認の上、お帰りください。

*治療の日の流れは、上記と異なる場合があります。担当医及び化学療法スタッフにお尋ねください。


 

最終更新日:2012年03月21日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 地域がん診療連携拠点病院
  4. 住民の皆様へ
  5. 化学療法室へようこそ