現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 概要案内
  4. 沿革

沿革

年月 できごと
昭和20年 6月
北海道農業会が帯広市西1条南9丁目島田病院を買収し、帯広厚生病院を開設
(院長に島田吾一氏就任~昭和23年10月)
【従業員数】57名
【病床数】97床
昭和23年 7月
北海道農業会解散、北海道厚生農業協同組合連合会の設立経営継承
[診療科:内科・外科・眼科・耳鼻咽喉科]
8月
院長に岡部英一氏就任(~昭和25年 2月)
【従業員数】65名
【病床数】112名
昭和25年 3月
院長に菊池捷二氏就任(~昭和32年11月)
昭和26年 公的医療機関指定
昭和30年 12月
現在地(西6条南8丁目)を帝国繊維KKから買収、円型2階建の病院(鉄筋コンクリート延 3,703平方メートル)と看護婦宿舎(ブロック 造2階建延 413平方メートル)新築移転
(第一次整備)
[診療科:内科・小児科・外科・産婦人科・眼科・皮膚泌尿器科]
【従業員数】87名
【病床数】192床
昭和31年 1月
完全(基準)給食開始
昭和32年 11月
菊池捷二院長急逝、副院長嵩文雄が院長職務を代理 (~昭和33年 3月)
昭和33年 4月
院長に伊藤紀克氏就任(~昭和51年10月)
10月
健保点数表(甲、乙二本建に改正)甲表採用
昭和34年 5月
基準看護開始
10月
円型本館の3階(1,170平方メートル)、看護婦宿舎(延248平方メートル)増築整備(第二次整備)
12月
総合病院の名称許可 総合病院帯広厚生病院と改称
[診療科:整形外科・耳鼻咽喉科を新設、皮膚科と泌尿器科を分離]
八千代開拓診療所を開設(帯広市の委託)
【従業員数】126名
【病床数】265床
昭和35年 2月
大正厚生診療所を開設(帯広市の委託)
昭和37年 4月
4月
診療実地修練病院の指定(~39年 3月までインターンの修練実施)
9月
大正厚生診療所を廃止
10月
看護婦宿舎を病棟に改造(第4病棟)、看護婦宿舎、手術中央材料室等(鉄筋コンクリート 3階建延 2,285平方メートル)を増築(第三次整備)
11月
八千代開拓診療所を廃止
【従業員数】185名
【病床数】350床
昭和38年 1月
基準寝具開始
昭和39年 7月
歯科開設(委託)
11月
救急病院の告示
昭和40年 11月
精神病棟他(鉄筋コンクリート造 3階建延 3,406平方メートル)増築(第四次整備)精神病床 106床
【従業員数】219名
【病床数】456床
昭和42年 4月
健保点数表乙表採用
11月
第4病棟に結核病棟を併設
一般病床 350床、結核病床27床、精神病床 106床
【従業員数】252名
【病床数】483床
昭和45年 4月
病院敷地内に帯広市19ヵ町村立帯広高等看護学院が開設
7月
院内保育所を開設
昭和47年 4月
第2内科開設
昭和48年 4月
帯広高等看護学院に保健婦科併設
昭和49年 4月
結核病棟の廃止、一般病床(老人)の増床
一般病床 400床、精神病床 106床
12月
精神病棟一類看護承認
【従業員数】313名
【病床数】506床
昭和50年 1月
一般病棟特一類看護承認
4月
下足預かりの廃止
10月
ガンマーカメラ導入
昭和51年 10月
院長に石丸修氏就任(~平成元年 3月)
昭和53年 5月
病衣貸与(基準寝具)開始
6月
一般病棟特二類看護承認
9月
本館増改築整備(第五次整備)工事着工
昭和54年 6月
精神病棟特二類看護承認
昭和55年 1月
地方センター病院指定
2月
新本館竣工
鉄骨鉄筋コンクリート地下1階地上8階建延 13,350.09平方メートル
3月
新本館にて診療開始
[診療科 麻酔科を開設]
一般病床(癌・リハビリ・ICU)の増設
一般病床 444床、精神病床 106床
※老人50床、癌10床、リハビリ28床、ICU 6床
地域センター病院指定
5月
別館1号棟・別館2号棟の内部改造工事完了
7月
円型病院(旧本館)撤去工事完了
(鉄筋コンクリート地下1階地上3階建延490.06平方メートル)
8月
帯広健診センター建築工事着工(第六次整備)
【従業員数】473名
【病床数】550床
昭和56年 2月
医事システム電算化実施
3月
帯広健診センター竣工
鉄筋コンクリート造地下1階地上4階建延2,249平方メートル
4月
新健診センターにて健診業務開始
C・T(全身用コンピューター断層撮影装置)導入
7月
重症者の看護及び収容基準承認
昭和59年 4月
増改築にともなう仮設病棟建築
5月
別館1号棟(旧C棟)建物撤去工事
6月
東棟 増改築整備工事着工(第七次整備)
鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上7階建延 11,942.05平方メートル
昭和60年 5月
東棟本館竣工
6月
東棟にて診療開始 [診療科 形成外科・放射線科開設]
一般病床 575床、精神病床70床
※老人50床、癌61床、リハビリ48床、ICU 8床
CCU 3床、HCU 5床、循環器50床
10月
臨床病理開設
【従業員数】579名
【病床数】645床
昭和61年 2月
財務システム電算化実施
3月
適時給食実施
昼食12時00分~12時20分(従来11時30分~11時50分)
夕食17時40分~18時00分(従来16時40分~17時00分)
4月
眼科医師3名体制
5月
電子顕微鏡導入
7月
耳鼻咽喉科医師固定
形成外科医師2名体制
駐車場の拡張整備完了(193台収容)
10月
就業時間の変更8時45分~16時45分(従来9時00分~17時00分)
ATM(現金自動預入払出機)設置稼動1階待合ホール
11月
第4内科(血液内科)開設(27床)
12月
人工透析センター設置(10床)
昭和62年 4月
給食管理業務システム電算化実施
運動療法の施設基準承認
9月
薬剤在庫管理システム電算化実施
第1回解剖体追悼慰霊式実施(以後毎年実施)
第1回院内子供祭実施(以後毎年実施)
CT増設
11月
石丸院長昭和62年度北海道社会貢献賞受賞
昭和63年 1月
石丸院長読売新聞主催第16回医療功労賞受賞
2月
人工透析センター増設
4月
特三類看護承認99床(西4病棟43床、西5病棟56床)
7月
耳鼻咽喉科医師2名体制
11月
全血管連続撮影装置導入
平成元年 4月
院長に黒島振重郎氏就任(~平成7年7月)
9月
衝撃破砕装置導入
12月
西棟4階嵩上増築(281.74平方メートル)
(東棟3階よりCCU3床、HCU5床、救急病床4床転床)
駐車場拡張(JRより借用78台)
【従業員数】709名
平成2年 2月
特三類看護承認病床 111床に変更 (西4病棟55床、西5病棟56床)
4月
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術施設基準承認
10月
東棟1階一部増築(35.128平方メートル)
高カロリー輸液(IVH)調整、薬局にて開始
11月
薬品消費管理システム電算化実施
外来投薬調剤、渡し方法変更
平成3年 4月
皮膚科医師2名体制
11月
中庭地下増築(245.505平方メートル、リニアック更新に伴う)
平成4年 3月
リニアック(癌治療)更新稼動
4月
特三類看護承認病床 511床に変更
(特二類看護病床 西6病棟64床、東7病棟70床)
健保点数表甲表採用
10月
体外衝撃波胆石破砕術施設承認
呼吸器科・消化器科・神経内科の標榜及び精神科の標榜変更の承認(標榜科18科となる)
耳鼻咽喉科医師3名体制
11月
どんぐり保育所新築竣工
【従業員数】748名
平成5年 1月
釧路沖地震により東棟を中心に甚大な被害を受ける
2月
第二土曜日閉院(休診)方式による4週5休制を実施
4月
音更町に看護婦宿舎用地取得 4,686平方メートル
院内学級(たんぽぽ学級)開級
9月
MRI検査棟・外来棟増築工事着工
特三類看護承認病床 575床に変更
(一般病棟は全て特三類承認、東7病棟70床のみ特二類)
10月
形成外科医師3名体制
【従業員数】781名
平成6年 1月
第二・第四土曜日閉院(休診)方式による4週6休制を実施
2月
夜間看護加算・特別管理(適時・適温)給食加算承認
3月
MRI検査棟・外来棟増築工事竣工
8月
看護婦宿舎新築工事着工(音更町)
10月
新看護(2対1看護・A加算 575床)承認
道東方沖地震による被災
11月
骨密度測定装置導入
【従業員数】807名
平成7年 3月
看護婦宿舎(レジデンス厚生)新築工事竣工
6月
開設50周年記念式典
8月
院長に寺井継男氏就任(~平成15年3月)
平成8年 2月
エイズ診療拠点病院指定
4月
訪問看護ステーション開所
6月
完全週休2日制試行
7月
新看護(3対1看護・A加算・15対1看護補助 東7病棟70床)承認
【従業員数】854名
平成9年 1月
災害拠点病院指定
2月
救命救急センター用地取得 5,287平方メートル
8月
完全週休2日制実施
10月
救命救急センター棟着工
12月
外来オーダリングシステム導入
平成10年 4月
臨床研修指定病院認可
8月
看護婦宿舎増築工事着工
11月
地域医療支援室設置(サポート事業開始)
【従業員数】863名
平成11年 3月
看護婦宿舎増築工事竣工
4月
診療科[脳神経外科・心臓血管外科 新設]
5月
救命救急センター開設
【従業員数】973名
【病床数】742床
平成12年 3月
南玄関ホール棟他増改築
4月
第二種感染症指定医療機関の指定(6床)
在宅介護支援センター開設
院内学級(中学)開設
倫理委員会設立(臓器提供病院として)
10月
放射線安全管理功労者表彰受賞
11月
入院オーダリングシステム導入
【病床数】748床
平成13年 8月
小児救急医療支援事業受入
10月
北海道総合周産期母子医療センター認定
【従業員数】1,009名
平成14年 3月
リハビリテーション改修工事竣工
5月
放射線治療室改修工事竣工
8月
第一MRI更新
10月
マンモグラフィ検診施設画像認定A評価取得
平成15年 4月
院長に川口勲氏就任(~平成24年3月)
6月
全館(建物内)禁煙実施
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価予備審査受審
7月
障害者病棟開設(57床:東6病棟)
東棟空調設備(冷房)竣工 ※全館冷房
外来化学療法室開設
8月
敷地内全面禁煙実施
10月
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価訪問審査受審
外来会計システムの変更
(番号表示による呼出および各ブロックにおける料金計算実施)
12月
退院サマリシステム導入
【従業員数】1,037名
平成16年 2月
酪農会館跡地取得1,401平方メートル
3月
マルチスライスCT導入
院内PHS導入
5月
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価認定
7月
駐車場入り口増設
駐車場拡張整備完了(560台駐車可能)※約70台増設
9月
体外衝撃波破砕装置更新(西棟へ設置)
10月
放射線治療装置更新
11月
南玄関緑化拡張工事竣工
12月
精神科病棟鉄格子を撤去(強化ガラスへ変更)
【従業員数】1,048名
平成17年 1月
地域がん診療拠点病院指定
3月
北側正面玄関改修工事竣工
7月
デジタルマンモシステム導入
9月
循環器用超音波診断装置更新
検査自動分析装置更新
10月
NST稼動施設認定
平成18年 1月
介護浴室新設(西棟3階)
2月
新医事システム稼動
4月
外科外来第4診察室新設
東5病棟クリーンルーム2室新設
10月
旧帯広市図書館跡地に人間ドック専用駐車場整備完了(2,100平方メートル73台分)
11月
外来診察案内表示システム稼動(番号表示による診察室案内)
一部の診療材料についてSPD物流システム稼動
【従業員数】1,102名
平成19年 6月
IVR-CT(血管造影16列)導入
7月
64列マルチスライスCT導入
がん相談センター開設
DPC準備病院として厚生労働省へデータ提出
9月
セカンドオピニオン実施
10月
給食調理業務委託開始
11月
緩和ケア外来開始
12月
NICU改修整備(12床から13床へ)
【従業員数】1,142名
平成20年 4月
どんぐり保育所業務委託開始
5月
臨床研修病院機能評価認定取得
6月
7:1入院基本料施設基準取得
7月
外来化学療法室拡張整備
9月
第1回災害訓練実施(以降毎年実施)
【従業員数】1,195名
平成21年 3月
新オーダリングシステム稼動
4月
入院包括請求(DPC)開始
臨床研修センター専任者配置
5月
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価更新Ver.5
11月
第3MRI(3.0ステラ)稼動
【従業員数】1,210名
平成22年 3月
総合周産期母子医療センター指定
5月
NICU改修整備(NICU6床・GCU7床)
MFICU改修整備(3床)
7月
臨床研修病院機能評価認定更新
11月
急性期看護補助体制加算施設基準取得
ドトールコーヒーショップ開店
【従業員数】1,265名
平成23年 3月
ホスピタルローソン開店
手術オーダー稼働
4月
東日本大震災医療救護班派遣(第1陣:宮城県七ヶ浜町)
5月
東日本大震災医療救護班派遣(第2陣:宮城県気仙沼市)
医師事務作業補助体制加算15対1施設基準取得
6月
ホームページリニューアル
11月
病児保育室開所
【従業員数1,312名】
平成24年 4月
院長に菊池英明氏就任
DPC病院Ⅱ群の指定
9月
自動支払機増設
10月
患者図書室「しらかば」開設
11月
血管造影X線装置更新
【従業員1,360名】
平成25年 4月
内視鏡手術支援ロボット「da Vinci」(ダ・ヴィンチ)導入
9月
ホスピタルマルシェ開催
11月
医事会計システム更新
【従業員数1,376名】
平成26年 5月
財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価項目3rdGVer.1.0更新
7月
臨床研修病院機能評価認定更新
9月
電子カルテシステム1次稼働
12月
診察状況Webサービス開始
【従業員数1,414名】
平成27年 2月
電子カルテシステム2次稼働
3月
新健診システム稼働
6月
調剤状況Webサービス開始
9月地域医療連携予約優先窓口診療科 13科へ拡大
【従業員数1,433名】
平成28年 2月
内視鏡手術支援ロボット「da Vinci Xi」(ダ・ヴィンチ)増設
4月
緩和支持治療科開設
総合入院体制加算1施設基準取得
6月
急性期看護補助体制加算25対1施設基準取得
7月
臨床研修病院機能評価認定更新
地域医療連携予約優先窓口 診療科14科へ拡大
紹介患者窓口設置
出前講座撰 Kosei speaker selection 発行
8月
医師事務作業補助体制加算1ロ 15対1施設基準取得
10月
休日脳ドック開始
退院支援加算1施設基準取得
【従業員数1,457名】
平成29年 4月
救急科開設

最終更新日:2017年06月14日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 概要案内
  4. 沿革