現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部
  5. 看護部の概要

看護部の概要

理念

心よりも先に方法や技術が出てはいけないということを戒めとして、さまざまな看護の機能を駆使し、生活上の基本的な行為を助けることに責任を持ちます。また、地域の看護職と連携し地域住民の健やかな暮らしに貢献します。
<方針>
  • わたしたちは、専門的知識・技術と倫理を持ってチーム医療における看護の責任を主体的に果たすように努めます。
  • わたしたちは、患者一人ひとりの尊厳と品位、立場とプライバシーを大切にします。
  • わたしたちは、患者・家族と共に計画と目標を確認し安心で安全な看護を継続します。

目標

・患者・家族参画型看護の推進と、地域・部門間の連携を強め継続看護の実践をします。
・患者と職員の安全を守る安全文化の定着に努めます。
・病院運営方針を理解し、医療チームにおける看護職員の職務遂行をします。
・働きがいのある職場づくりと看護職として自律した人材育成。

看護部の活動

十勝管内の健やかな暮らしに貢献する為、幅広く、チーム医療の一翼を担っています。
当院の基本方針のひとつは「コニュケーションを円滑にチーム医療を推進する」です。例えばICT活動では、医師と看護師、コメディカルスタッフが各部署に出向き、環境オーデットを実施。接遇の取り組みでは、医師を含む全職員が一緒に接遇研修に参加しています。接遇監査と各部署の取り組み成果報告会、緩和ケアチーム活動など、院内組織横断的な活動を推進しています。
また、平成17年度よりNST活動も開始しました。このような各委員会の活動が各リンクナースの活動に繋がっています。私たちはお互い仲間の活動に勇気づけられながら地域の期待に応えています。

安全・安心・協働をモットーに

救命救急センターを含め、急性期医療は先ずチームワークです。WOC・重症集中ケア・ホスピスケア・感染管理などの認定看護師と共に、信頼される看護職を目指し協働しています。

見つけよう、家族ケアのツボとコツ

病は、患者様の生活そのものを揺るがし、またご家族ともども危機に直面させます。私たちは、ご家族の危機に気づき、ご家族が本来持っている力を出せるようにアプローチしています。

看護体制

看護単位 21単位
看護方式 固定チームナーシング
勤務体制 3交替・2交替
認定看護師  
(1)慢性疾患専門看護師 1名
(2)皮膚・排泄ケア認定看護師 2名
(3)感染管理認定看護師 2名
(4)集中ケア認定看護師 3名
(5)小児救急看護認定看護師 1名
(6)認知症看護認定看護師 1名
(7)手術看護認定看護師 1名
(8)乳がん看護認定看護師 1名
(9)摂食・嚥下障害看護認定看護師 1名
(10)糖尿病看護認定看護師             1名
(11)緩和ケア認定看護師 1名
(12)新生児集中ケア認定看護師 1名
(13)がん性疼痛看護認定看護師 1名

最終更新日:2017年10月20日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部
  5. 看護部の概要