現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. リハビリテーション部門
  6. 言語聴覚療法のご紹介

言語聴覚療法のご紹介

言語聴覚
言語聴覚療法では言語障害をもつ患者様の評価・リハビリテーションや、どのように接するとよいかなど、ご家族への指導を行っています。
言語障害の代表的なものは失語症と構音障害です。失語症とは脳の言語領域が損傷され、聴く、話す、読む、書くといった言語機能が障害されることをいいます。また、構音障害は言葉を話すときに使う舌や口唇などに麻痺や筋力低下が生じ、話しにくくなる状態をいいます。
その他、最近よく聞かれるようになりました嚥下障害にも対応しています。嚥下障害とは脳血管疾患、神経疾患、加齢などが原因で、お食事中にむせたり飲み込みにくくなる状態をいい、姿勢や食べ方、食事形態の指導などのリハビリテーションを実施し、安全に食事が食べられるよう支援しています。
当院では脳神経外科、神経内科を中心に、言語聴覚士5名(2名育児休暇中)で入院後早期から対応しています。

最終更新日:2017年04月03日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. リハビリテーション部門
  6. 言語聴覚療法のご紹介