現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 新病院について
  4. 2.工事状況について
  5. 平成28年度の工事進捗状況

平成28年度の工事進捗状況

平成28年度の新病院建築工事状況についてお伝えします。

3月の工事状況

  • 2070316koji01

    工事現場全体風景

  • 20170328koji

    1階から外壁になるECP(押出成形セメント板)を取り付けています。
    押出成形セメント板とは、セメント系の材料を中空のある板状に加工したもので、工場で製作するため施工が早く均一な品質を保つことができます。

  • 20170328koji

    鉄骨に耐火被覆を行っています。
    鉄は燃えませんが、火災の熱により強度が落ちるため、断熱作用がある材料で鉄骨を覆います。

  • 20170328koji

    最上階付近の鉄骨の組み立てを行っています。

3月8日現在

20170308koji

鉄骨組立て再開から2週間ほど経過しましたが、既にここまで高くなっております。

ページのトップへ

2月の工事状況

  • 20170215koji

    工事現場全体風景

  • 20170227koji

    冬の寒さも和らいできた為、2月23日より鉄骨の組立てを再開しました。
    3月中旬を目処に第3節(5階~8階床まで)の鉄骨を組み立てて行く予定です。

ページのトップへ

1月の工事状況

  • 20170118koji

    工事現場全体風景 12月と比べると何も変わっていないように見えます。

  • 20170117koji

    ですが、中では着々と工事が進んでいます。 1階から5階までの床が出来上がりつつあります。

  • 20170126koji

    夜間も照明がついているので24時間工事をしているのですか?
    という質問をいただくのですが、現在基本夜間作業は行っていません。
    コンクリートが凍らないよう暖房をつけており、夜間見回り用の照明とのことです。

ページのトップへ

12月の工事状況

  • 20161215koji

    工事現場全体風景

  • 20161216koji

    鉄骨は2節(病棟部分の5階床)までほぼ完了しています。 1~2月は厳寒期のため鉄骨の組立ては行いません。

  • 20161219koji1

    建物内部では床をつくる作業をしています。 1~2月は鉄骨の作業はありませんが、中では床をつくる作業を続けていきます。

  • 20161219koji2

    5階の床面から
    晴れていますがとても寒いです。
    今年の帯広は例年よりも寒く、マイナス10度を超える日が続いています、

ページのトップへ

11月の工事状況

  • 20161117koji

    工事現場全体風景

  • 20161111koji
  • 20161107koji8

    新病院は鉄骨造ですが、梁部分はH形の鉄骨・柱は丸や四角の鋼管で構成されています。 一部の柱は中にコンクリートを注入し強度を上げています。(上段写真)

  • 21061124koji

    1節目(病棟1~3階床)の鉄骨が組み立て終わり、2節目(病棟3~5階床)の鉄骨組み立てが始まっています。

11月28日 患者様よりベンチを寄贈いただきました

  • bench01

    南玄関ホール 入退院支援センター入り口横に設置しております。

  • bench02

    11月25日に搬入作業が行われました。 重さは、なんと250kgもあります。

  • bench03

    移動用台車に乗せるのもひと苦労。 大人5人がかりでも苦しかったです。

  • bench04

    搬入風景

  • bench05

    11月28日のお披露目まで保管

  • bench06

    このベンチの一部には、新病院の敷地にあった樹木が使われています。 煉瓦亭様の敷地内にあった、ニオイヒバとドウツトウヒという樹木です。

  • bench07

    工事現場内に保管していました。

  • bench08

    製材後、
    岐阜県高山市にある工場に送られました。
    今回、飛騨産業という家具メーカー様により
    ベンチは製作されました。
    もう少しで創立100年とのことです。

  • bench09

    材料を接着し大きな木の塊にしていきます。 奥にあるのはプレス機です。

  • bench10

    形づくる前に大まかな部分を落としています。 写真の上がベンチの底になります。

  • bench11

    職人さんがチェーンソーで形をつくっていきます。

  • bench12

    少しずつ形が出来上がっていきます。

  • bench13

    座面は滑らかで、下の部分がざらついた仕上げになっています。

  • bench14

    最後に着色し完成です。

11月7日

  • 20161107koji7

    建物南東側より 病棟3階スラブ(床)まで鉄骨が組みあがっています。

  • 20161107koji1

    建物南西より 左奥に見えるのがエネルギー棟 右側が病棟になります。

  • 20161107koji5

    建物北西側より 手前側がエネルギー棟、奥側が病棟です。 北側の日陰部分には雪がまだ残っています。 撮影当日も大変寒く、現場で作業している方々には頭が下がります。

  • 20161107koji2

    病棟

  • 20161107koji3

    エネルギー棟

  • 20161107koji4

    病棟建物中の風景

  • 20161107koji6

    北側より 外来棟が建つ部分に高層クレーンを設置し、病棟の鉄骨を運んでいます。 病棟の鉄骨組立が完了後、外来の鉄骨組立を開始する予定です。

ページのトップへ

10月の工事状況

  • 20161019koji

    工事現場全体風景

  • 20161026koji1

    病棟部分の1~3階までの鉄骨を順次組み立てています。

  • 20161026koji2

    11月上旬には1階の床は完成する予定です。

  • 20161019koji2

    先月に引き続き、1階スラブ(床)のコンクリートを打設しています。

ページのトップへ

9月の工事状況

  • 20160919koji

    工事現場全体風景

  • 20160922koji2

    9月22日 基礎梁(1階床下の梁)はほとんど組立てが完了しています。

  • 20160922koji1

    9月22日 基礎梁(1階床下の梁)が完了した所から1階部分の床をつくるため、デッキプレート(角波の鋼板)を設置しています。この上に、鉄筋を組みコンクリートを流し込むと床ができあがります。

  • 20160924koji

    9月24日 1階床のコンクリートを流し込んでいます。流し込んだ後に、専用の道具で表面を水平に押えていきます。

9月14日

  • 20160914koji1

    工事風景

  • 20160914koji2

    大きなクレーンで次々と鉄骨が運ばれ、取り付けてられていきます。

ページのトップへ

8月の工事状況

  • 20160822koji

    工事現場全体風景

  • 20160825koji

    免震装置が取り付けられました。 免震装置の仕組みですが、ゴムと鉄板を交互に幾層にも重ねたもので 地震の際は点線のように変形し揺れを吸収します。 実際に触ると、とても固くゴムという感じはしません。

  • 20160831koji

    鉄骨を組みはじめました。 基礎梁(1階床下の梁)、写真ではわかりづらいですが縦幅が1m以上あります。

8月29日 立柱式をとり行いました

  • 20160829koji01

    8月29日本日、一本目の鉄骨をたてるにあたり工事現場にて立柱式をとり行いました。

  • 20160829koji02

    病院・設計・施工各社の代表者が鉄骨柱の四隅に御神酒を注ぎお清めし安全を祈願しました。

  • 20160829koji03

    一本目の柱がクレーンでつられている様子です。

ページのトップへ

7月の工事状況

20160719koji

工事現場全体風景

  • 20160718koji

    新病院に地下階はありませんが、ピット(床下)部分の擁壁(土留めの壁)です。 高さは2~3mあります。

  • 20160729koji

    鉄筋の上に載せてある鉄板に免震装置が取付けられる予定です。

ページのトップへ

6月の工事状況

20160615koji

工事現場全体風景

20160624koji

マットスラブ(建物の重さを地盤に伝えるコンクリートの床)のコンクリートを打設しています。

20160630koji

マットスラブ(建物の重さを地盤に伝えるコンクリートの床)打設後。 白く見える部分はすべてコンクリートです。

ページのトップへ

5月の工事状況

  • 20160518koji

    工事現場全体風景

  • 20160510koji

    平らになった地盤に捨てコンクリート(位置決めや鉄筋配置がしやすいように)を打設しています。

  • 20160531koji

    マットスラブ(建物の重さを地盤に伝えるコンクリートの床)の配筋作業を行っています。
    基礎部分すべてですのでとても広く、使用される鉄筋の量もものすごい量です。

ページのトップへ

4月の工事状況

20160419koji

工事現場全体風景

  • 20160409koji

    掘削を始めるにあたり、シートパイル(鋼鉄製の土留め板)を地面に打ち込んでいます。

  • 20160420koji

    予定の深さまで堀った後、床付け(地面を平らに仕上げ)ます。

ページのトップへ

3月の工事状況

20160325koji

工事現場全体風景

最終更新日:2017年05月31日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 新病院について
  4. 2.工事状況について
  5. 平成28年度の工事進捗状況