現在位置の階層

  1. ホーム
  2. チーム「ダ・ヴィンチ」<3>ついに1例目を迎えました

チーム「ダ・ヴィンチ」<3>ついに1例目を迎えました

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」ですが、ついに1例目を迎えました。前回、オフサイトトレーニングまでの経過をご報告しましたが、その後初症例までの動きをご報告致します。


ダ・ヴィンチ3
1)症例見学
 ダ・ヴィンチの症例見学として4施設が認定されておりますが、そのうち最も訪れたかった鳥取大学医学部附属病院・低侵襲外科センターに看護師・臨床工学技士とともに見学に行って来ました(写真)。海中をイメージした国内最大級のダ・ヴィンチ専用手術室を完備しており、丁寧な解説を聞きながら手術の準備から終了に いたるまで見学し、当院での手術をイメージしました。また道内では最も早く導入した手稲渓仁会にも見学に行って来ました。

2)シミュレーション
 初症例を控え、麻酔科医師・看護師・臨床工学技士とともに、手術の準備から麻酔、術中、術後の流れまでを実際の機器を用いて確認しました。



そしていよいよ6月5日に1例目を行いました。院内のあらゆる部署のみなさまのご支援・ご協力に深謝いたします。安全な手術を心がけながら、十勝のみなさまの健康増進に貢献していく所存でおります。

                    平成25年6月10日 泌尿器科主任部長 佐澤 陽

最終更新日:2013年06月13日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. チーム「ダ・ヴィンチ」<3>ついに1例目を迎えました