現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 産婦人科
  5. 母親学級のご案内

母親学級のご案内

母親学級のご案内

出産についての知識を深め心と体の準備をしていただくため、また健康な赤ちゃんの発育のため、妊婦健診時に初期3回、中期2回、後期1回の助産師による指導・相談があり、栄養士による栄養指導も取り入れています。
さらに、スムーズな出産ができるように母親学級・安産教室を行っておりますので、是非ご参加ください。

母親学級

・日時:第2木曜日 13:30~14:30
・担当者:小児科医師、助産師
・場所:札幌厚生病院本館2階 大講義室2
・持ち物:母親教室のテキスト、母子健康手帳、筆記用具
※受講の目安:妊娠32週頃より

安産教室

マタニティマーク
 予定日の近い妊婦さんが集まり、分娩の経過や過ごし方を知って、自分の出産のイメージ作りをしてバースプランを考えてみませんか!
妊娠や出産の喜び・不安・疑問を妊婦さん同士で共有して、みんなで楽しく学び、お友達作りのよい機会にもなります。
・日時:1.第2土曜日 10:00~12:00 2.第4水曜日 13:00~15:00
※1、2は、同じプログラムです。都合の良い日程でいずれかに1回、ご参加ください。
※日程は変更になることがありますので外来でご確認ください。
・担当者:病棟助産師
・場所:札幌厚生病院本館2階 大会議室2
・持ち物:母親教室のテキスト、母子健康手帳、筆記用具

夫立会い分娩について

夫(パートナー)に出産に立ち会ってほしいとお考えの患者さんは、是非話し合ってみて下さい。
我が子の誕生の感動は、お二人が心身ともに助け合い、積極的に妊娠・出産に参加することで増します。
また男性は妊娠や分娩期を通してわが子の誕生を待ちわびる感情と、喜びや苦痛・不安を
分かち合い、父親としての自覚や育児参加への意識を高めていくことでしょう。
お互いが立会い分娩をしたいという気持ちが一致しましたら、
安産教室に参加してご夫婦(パートナー同士)で出産について学んでみませんか?
安心してリラックスした状態で出産ができるように、ご夫婦で一緒に勉強していきましょう。
夫の立会いを希望される場合は、夫婦で安産教室にご参加いただくことが原則です。
都合や里帰り分娩で、夫(パートナー)が安産教室に参加はできないが、
夫立会いを希望される場合は、外来助産師、安産教室担当助産師にご相談下さい。
また母親や姉妹に陣痛室まで付き添ってもらいたいとお考えの場合も、一緒に安産教室にご参加下さい。
分娩室での立会いはできませんが、陣痛室に付き添ってもらえることで、
出産への不安が和らぎ気持ちを支えてくれることが多く見受けられます。

お祝い膳

出産された後、入院中に一度、お祝い膳を提供させていただいております。
お祝い膳

お祝い膳(写真は一例です)

最終更新日:2015年11月12日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 産婦人科
  5. 母親学級のご案内