現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部
  5. 専門分野の活動

専門分野の活動

専門看護師・認定看護師の分野別人数

  1. がん看護専門看護師      2人
  2. 家族支援専門看護師      1人
  3. 感染管理認定看護師      2人
  4. 皮膚排泄ケア認定看護師    2人
  5. 緩和ケア認定看護師      3人
  6. がん化学療法看護認定看護師  1人
  7. 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 1人
  8. 認知症ケア認定看護師     1人
  9. がん放射線療法看護認定看護師 1人
  10. 手術看護認定看護師      1人

ページのトップへ

専門看護師の活動

がん看護専門看護師

 緩和ケアチームの一員として、複雑な痛みに対する相談や苦痛症状の緩和をはじめ、緩和ケア病棟への入院希望の調整など、多岐にわたる相談に対応しています。また、がんを持ちながら自律した生活を送ることを目指し、さまざまな症状にある院内外の患者さまとご家族の相談に応じるがん相談も行っています。がん看護におけるスタッフの教育支援の役割も担い、どのような療養環境でも切れ目のないがん看護の提供への取り組み、多職種との連携・協働を実践しています。

家族支援専門看護師

 地域包括ケア病棟、緩和ケア病棟を中心に、在宅療養移行支援が必要な患者さまとご家族への支援を行っています。特に、今後の療養先の決定や家族内の役割調整など、ご家族が悩みや葛藤を抱えることも多く、ご家族の力を引き出し問題解決が図れるよう支援しています。
 また、対応困難なご家族への対応について、リソースカンファレンスを活用して相談を受け、スタッフへの後方支援を行っています。

ページのトップへ

認定看護師の活動

皮膚排泄ケア認定看護師

宮田さん
 褥瘡、ストーマ、排泄の看護分野において、患者さまの個別性を尊重し、生活の質の向上を目指したケアを実践しています。入院から外来、在宅へ継続的な看護ができるよう日々努力しています。また、看護実践能力向上に向けた褥瘡ケアリーダーの育成やスタッフ教育にも力を入れています。

緩和ケア認定看護師

 緩和ケアチームや緩和ケア内科外来、緩和ケア病棟において、患者さまやご家族を対象とした症状緩和や意思決定支援などの専門的緩和ケアの実践や、多職種と協働したコンサルテーション活動を行っています。また、がん診療連携拠点病院として、緩和ケア研修会の企画運営、緩和ケアリンクナースの育成、がん相談支援センターでは専門的な視点から地域住民の皆様への支援を行っています。

がん化学療法看護認定看護師

 がん化学療法看護認定看護師は、がん化学療法を受ける患者さまが、安全に受けることができるように、副作用症状マネジメントを行い、セルフケアを実践できるよう支援します。また、患者さま、ご家族を含めた心理的支援も行います。さらに、医療スタッフに対し、がん化学療法に関する指導やコンサルテーションも行い、安全・安楽・確実に行うためチーム医療として多職種と協働し、患者さま・ご家族を支えていくよう取り組んでいます。

感染管理認定看護師

 感染管理認定看護師の役割は、専門的な知識と技術を用いて患者さま・ご家族・訪問者はもちろん、現場で働く全ての人々を感染源から身を守ることです。院内の感染リスクを低減するために、医療関連感染発生の監視、その予防と対応、職業感染対策、感染対策教育、環境管理等の感染管理システムの構築を行います。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

 呼吸リハビリテーションや息苦しさの軽減、憎悪予防のためのセルフケア支援を実践しています。慢性閉塞性疾患(COPD)や間質性肺炎、気管支喘息など慢性呼吸器疾患に罹患している方々、憎悪と軽快を繰り返し、息苦しさを感じながら生活をされている患者さまと共に、その人らしい生活が実現できるよう取り組んでいます。

認知症ケア認定看護師

 外来では、「物忘れ外来」で、ご本人・ご家族への問診や説明、生活での困りごとや相談、地域の社会資源の活用等のお手伝いをしています。また、入院では認知症ケアチームによる回診・カンファレンスを行ない、安心・安全に治療を受けていただけるように多職種と共同し療養環境の調整を行っています。職員に対しては、認知症看護の質の向上のため、院内研修会を実施しています。

がん放射線療法看護認定看護師

 放射線治療を受ける患者さまは、治療効果を期待する一方で副作用や被ばく、家族への影響など様々な不安も抱えています。患者さまやご家族に対して、正しい知識の提供、副作用の予防や症状を緩和するための支援を行い、安心して治療ができるように活動しています。

ページのトップへ

そのほかの資格

専門看護師・認定看護師のほかにも、学会や機構などが認定した資格を持ったリソースナースが、各領域で専門性の高い知識・技術を生かし看護ケアを行っています

CRC(治験コーディネーター)

  当院で行われる治験において、患者さま(被験者)が安全で安心して治験ができるよう情報提供や日常生活へのアドバイスなど支援を行っています。院内においても、開発中の新しい薬や治療法について理解が得られるよう学習会や広報誌を用いた啓発活動に力を入れると共に、CRC自身も学習に励んでいます。

日本糖尿病療養指導士

 糖尿病治療にもっとも大切な自己管理について合併症を予防できるようにインスリン導入、フットケア、糖尿病透析予防指導、日常のケアなど療養指導を行っています。
  糖尿病教室や患者会「リラの会」にも参加し、医師、栄養士、薬剤師、理学療法士、検査技師と連携し専門性を活かしたチーム医療の提供を心掛けています。糖尿病とうまく付き合いながら療養生活を送ることができるようサポートしています。

インターベンションエキスパートナース(INE)

 X線透視等の画像をリアルタイムに見ながらカテーテルや針などを使用して行う検査治療に従事し、検査治療が安全に受けられるよう様々な職種と連携し援助を行っています。また、意識がある状況下での検査治療であるため、患者さま・ご家族の不安や緊張、苦痛が軽減できるようサポートしています。

消化器内視鏡技師

 消化器内視鏡技師は内視鏡の専門的知識と技術を備えた日本内視鏡学会認定の資格です。内視鏡検査治療における体位や介助の方法、最新の検査技術・治療に関する知識・技術の習得に努め、患者さまが安心してかつ安全に検査や内視鏡治療を受けられるよう介助・看護を行っています。

最終更新日:2017年06月15日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部
  5. 専門分野の活動