「看護職員」募集

Q&A(よくある質問)

質問病院見学はできますか?

回答
各厚生病院で病院見学を実施しています。日程等については、「病院見学会日程」を確認し、事前に希望病院の担当者にお申し込みください。

質問北海道厚生連の複数の病院に応募できますか?

回答
できます。
小論文は1回のみで、面接試験は第1希望病院が不合格の場合は第2希望病院の面接を、第2希望病院が不合格の場合は第3希望病院の面接を実施します。(第2、3希望の病院は、面接の際、確認致します。

質問希望する科への配属は可能ですか?

回答
面接試験実施前に配属希望科を確認し、希望がかなうように配慮しますが、その時の状況により、希望に添えない場合もあります。ご了承ください。

質問進学を希望していますが、採用試験を受けることはできますか?

回答
できます。
進学が決定した場合は採用取消となりますので、結果がわかり次第、速やかに就職予定病院にご報告ください。進学し、卒業時に是非また受験してください。お待ちしています。

質問一度受験して不合格となった場合、再度受験できますか?

回答
受験できません。
ただし、各採用試験時に、北海道厚生連における希望病院を第1〜第3希望まで確認し、第1希望が不合格の場合は第2希望病院、第2希望が不合格の場合は第3希望の病院で面接をいたします。 

質問国家試験に不合格になった場合はどのようになりますか?

回答
採用予定職種の国家試験不合格の場合は、採用が取り消しとなります。

質問面接試験はどのような形式で行われますか?

回答
面接試験は採用希望病院ごとに行います。病院により多少の違いはありますが、ほとんどは個人面接形式で行われます。

質問募集には年令制限はありますか?既卒の看護経験者は募集していますか?

回答
年令制限はございませんし、看護職経験者も募集しております。
中途採用につきましても随時、実施している場合もありますので、中途採用希望の方は希望病院看護部へ直接ご連絡ください。

質問転勤はありますか?

回答
基本的にはありません。ただし、病院の状況によっては、病院間の業務応援に行っていただく場合があります。

質問どのような人材を望みますか?

回答
看護は「人にかかわる」職業です。そのため、相手の気持ちをくみ取る力が必要です。また、専門職としてキャリアビジョンを持ち行動できる人材を望みます。新人の方は、専門職業人として初めての体験が多くなりますので「挨拶」「時間管理」「コミュニケーション」ができることが大切と考えております。 

質問プリセプター制度は導入していますか?

回答
導入しています。
方法は病院によって異なりますが、「JA北海道厚生連新人看護職員研修ガイドライン」に則り、卒業後1年間は担当のプリセプターが看護技術や患者対応、看護過程の展開の指導に携わり、チーム全員で新人が成長できるようにサポートしていますので、安心してください。

質問男性看護職員は、何名いますか?

回答
2015年1月現在、全病院で161名が勤務しています。

質問看護師宿舎を利用したいのですが、どのような間取りですか?

回答
間取り図
地域によって異なりますが、代表的な間取りを紹介します。ほとんどの看護師宿舎はオール電化で、ワンルーム、バス・トイレ別、キッチン付きのマンション形式となっています。 比較的安価で入居できます。

最終更新日:2015年07月22日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 職種から探す
  3. 看護職員募集
  4. 看護職員30年度募集
  5. Q&A(よくある質問)