帯広厚生病院

総合診療科について

診療科の特徴

ほぼすべての専門診療科がそろう病院で、すべての患者さんが最善の医療を受けられるようサポートする総合診療科

院内他科との違い

 当院の各診療科は、各専門領域のコモンディジーズから希少疾患、難手術、特殊な治療まで幅広く担当しています。その一方総合診療科は、ある患者さんの健康問題に関して、入手可能な医療資源を最大限に生かして診療するにはどうしたらよいか、を診療科の枠を限定せずに考え、実践することを仕事としています。当科のみで解決する場合もありますが、院内他科へ紹介する場合、また院外へ紹介する場合もあります。特に院内他科の力を借りながら、診断と治療を組み立てて行くプロセスの質を保つことを重要視しています。診断が未確定である段階から、必要な治療や検査が遅滞なく行われるように努力しています。結果として他科に診療の全てを委ねることも有ります。診断が付かない段階から当科が臨機応変に関わることで、患者さんにとっても、院内他科にとってもメリットがある総合診療科を目指しています。

他の病院の同一診療科との違い

 大規模病院の内科系診療科の一部として機能しているため、感冒や胃腸炎等のCommon diseaseを診療することは比較的少なく、不明熱や不定愁訴化しやすい疾患、皮膚や筋骨格系の症状が随伴する疾患等の一般的に難しいとされる患者さんが多く紹介または直接来院され、幅広い鑑別診断が求められます。また他科入院中の不明熱、電解質異常等も診療しますが、専門科治療を濃厚に受けた後の患者さんの病態理解は複雑であり、様々な分野への理解が求められるとともに、やりがいもあります。

ページのトップへ

診療体制

【外来】
・予約、新患、院内コンサルテーションに毎日対応しています。
・内科系初診患者の診療は、専門科が特定しにくい症状の方や、院外からの紹介(疾患を特定できない症状や、原因不明の発熱など)に対応しています。
・院内他科入院中患者さんについてコンサルテーションを受けます。

【入院】
・臨時入院が中心です。
・入院診療は敗血症や膠原病、血液悪性腫瘍を含む不明熱の診断と初期治療が多くを占めます。外来患者のうち入院が必要ですが専門科治療を要さない電解質異常等の疾患に対して、臨機応変に当科で対応する場合もあります。

【救急】
・日中は救命救急センターで当科に診療依頼があった救急搬送患者を診療します。休日夜間は当直医師からの依頼に応じるオンコール体制をとっています。
・発熱、倒れているところを発見された、倦怠感、といった専門科を特定しにくい症状に対応します。

ページのトップへ

診療に関わった疾患の一例

ページのトップへ

院内学習環境

医局LAN/インターネット
UpToDate病院契約
Medical Online病院契約
Online/Paper Textbook(Harrison, Cecil, Mandel, Goroll, HOSPITAL MEDICINE, Sapira, Merritt’sなど)多数
和雑誌は病院図書館に常備
院内内科症例検討会
院内CPC(一度ご参加下さい、別格です)
インターネット会議形式の勉強会(プライマリケアレクチャー/カンファレンス、札幌医科大学主催)
十勝家庭医医療学習会(十勝管内の家庭医・総合医有志の症例検討会)

ページのトップへ

募集する医師像

卒後5年目以上または後期研修終了以降で下記いずれかに該当するかた
・総合病院で行われる総合診療に興味のあるかた
・今まで専門診療科に属していたが、総合診療医へ転向を考えているかた

出身専門分野は問いません。業務内容は内科が中心ですが、非内科系の先生でも無理なく診療に慣れていただけるようサポートします。慣れていただけたならば、総合診療を行う上では、むしろ非内科系の専門知識が貴重な武器になります。

ページのトップへ

当科で診療することで得られるメリット

 あなたの総合診療力をさらに磨き、発揮する絶好の環境です。
 ほぼ全診療科が揃っているため、不適切な表現かもしれませんが「症例の答え合わせ」ができます。他の病院の場合、院内に無い専門診療科にコンサルテーションする場合、どうしても紹介状のやりとりでしかフィードバックが得られませんが、院内に専門科が存在すれば、より直接的にフィードバックが得られ、自分の診療をブラッシュアップするまたとない機会になります。この機会の貴重さは、熟練した総合診療医の先生ならばよくご理解頂けると思います。

 また専門診療科の先生方から常に学ばせていただけるため、各分野・各臓器に対する理解がより深まります。総合診療領域は医療者でもその定義に幅がある分野です。特に専門分野に分類できない診療内容については手探りで自己学習、自己研鑽しなければならないことも多いと思います。その作業で得られた診療スタイルが総合診療医の持ち味ではあるのですが、やはり各分野のことは各専門診療科が最もよく知っており、診療の質も高いことは自明の理です。院内専門診療科と共同で診療を行うことで、自分の知らなかったことやできなかったこと、専門医にとっては当たり前のことだが自分ができていなかったことなど、日々気づかされることが多くあります。この様な機会を生かして学習することで、より幅広く、深い診療ができるようになってゆくと考えます。

 また院内ではどうしても経験できない地域により近い診療については、十勝管内の家庭医・総合診療医有志の学習会・症例検討会に定期的に参加することで学ばせていただくことができます。

 意欲あるあなたの応募をお待ちしています。
 まずはお気軽にお問い合わせください。半日から見学も可能です。

ページのトップへ

スタッフ紹介

山本 真
職名:副院長(兼)主任部長
 

山本 浩之
職名:医長
卒業年次:平成18年 旭川医科大学
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリケア認定医・指導医
 

山本 智美
卒業年次:平成22年

お問い合わせ窓口

  • 電話:011-232-6506

    ※ 電話の受付時間は8時30分~17時まで。 土曜・日曜・祝日はお休みです。

  • FAX:011-222-4684
  • E-Mail:dr-recruit@ja-hokkaidoukouseiren.or.jp
    • 〒060-0004
      北海道札幌市中央区北4条西1丁目 北農ビル9階
    • JA北海道厚生連 医師確保対策室 南

最終更新日:2016年09月30日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 勤務地から探す
  3. 帯広厚生病院
  4. 医師募集
  5. 総合診療科について