現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 遠軽厚生病院
  3. 初期臨床研修
  4. 研修内容
  5. 評価と指導

評価と指導

評価と指導

研修医の評価

自己評価表の提出
  • 研修医は毎月末に、行動目標、経験目標に対する自己評価表を、研修中の診療科の指導責任者に提出する。
  • 指導責任者はその内容を速やかに点検し、必要に応じて研修医に助言、指導を行う。
  • 指導責任者は点検した自己評価表を速やかにプログラム管理責任者に提出する。
研修修了報告書の提出
  • 研修医がひとつの診療科の研修を修了した場合には、研修終了報告書を速やかに研修した診療科の指導責任者に提出する。
  • 指導責任者はその内容を速やかに点検し、プログラム管理責任者に提出する。
研修評価表の提出
  • 研修医がひとつの診療科の研修を修了した場合には、指導責任者は研修評価表を速やかにプログラム管理責任者に提出する。

指導医・指導体制の評価

指導医・指導体制評価表の提出
  • 研修医がひとつの診療科の研修が修了した場合には、その診療科の指導医・指導体制評価表を速やかにプログラム管理責任者に提出しなければならない。
  • ひとつの診療科で複数の指導医の指導を受けた場合には、主たる指導医、あるいは指導責任者の関する評価を行うこと。

プログラム管理責任者

自己評価表・研修修了報告書・研修評価表の点検
  • プログラム管理責任者は提出された自己評価表・研修修了報告書・研修評価表を速やかに点検し、研修が不十分な項目がないかを確認する。
  • 研修が不十分な項目がある場合には、プログラム管理責任者は、研修医、および研修中の診療科、あるいは関連する診療科に、研修が行えるように助言・指導を行う。
臨床研修委員会への報告
  • プログラム管理責任者は、各研修医の研修状況を評価し、3ヶ月ごとに臨床研修委員会に報告する。

臨床研修委員会

研修医の評価
  • 臨床研修委員会は、プログラム管理責任者からの報告に基づき、3ヶ月ごとに研修医の研修状況を評価する。
  • 臨床研修委員会は、研修医の臨床研修期間の修了に際し、当該研修医の評価を行い、病院長に報告する。
研修医への勧告と指導
  • 臨床研修委員会は、研修医が医師としての適正を欠く場合等、研修医が研修することに問題がある場合には、当該研修医に注意勧告を行うとともに、適切な指導を行わなければならない。

最終更新日:2011年06月01日