現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 帯広厚生病院
  3. 初期臨床研修
  4. 研修医の声
  5. 平成24年度

平成24年度

帯広厚生病院の日々を振り返って 選んだ事に後悔は無い

 外科 鈴木 友啓(札幌医科大学卒)
僕が帯広厚生病院を医師としてスタートを切る場として選んだ理由は、十勝の中核を担う大病院であり豊富な症例を有していることが挙げられます。
診療科はほぼ全科が揃っており、各科のcommon diseaseから希少な症例、軽症例から重症例まで様々な患者が来院します。自分が選択した研修科の症例はもちろんのこと、夜間救急外来では全科の患者が来院するため、様々な患者の初期診療を経験できます。
研修医同士の勉強会や上級医からのフィードバック体制も充実しているため、自分が経験した症例に加え、同期が経験した珍しい症例や困難症例を共有でき、より一層、知識や経験が身に付きます。
帯広厚生病院には一年目、二年目合わせて二十人以上の初期臨床研修医がいます。研修医の数が多いと自分の経験値が減ってしまうと思われがちですが、僕は二年間の研修を通してそのように思ったことはありません。豊富な症例を有しているため、毎日学ぶべきことが多 くあり、モチベーションを高く研修に臨めば、刺激的な毎日を送ることができます。研修医の数が多いということは、その分共有できる知識や経験も多くなります。また、何といっても、つらいときや落ち込んだ時に同期がたくさんいると心の支えになります。研修医が多くいることは帯広厚生病院研修の魅力のひとつです。

僕は二年間の初期臨床研修を終えた後、外科の道に進むことに決めました。三年目も帯広厚生病院で働くこととなり、今までと違った立場から診療に携わることができました。
この時感じたことは、二年間で経験した多くの知識・経験が活かせているという実感です。内科での研修は術前検査や手術の適応の選択、麻酔科では麻酔や全身管理 ・急性期術後管理、外科・心臓血管外科で学んだ手技は日々役立っています。細かい点を挙げればきりがないですが、この病院で得た全てのことは、次の病院でも必ず大きな力になると感じました。外科には毎月初期研修医がまわってくるため、後輩を指導することで気付かされることや、逆に教えられることもたくさんあり、三年目の生活は充実した一年となりました。

最後に言えることは、僕はこの病院を初期臨床研修の場として選んだことに後悔はないということです。
それぞれ将来思い描いている医師像、進みたい科は違うため、その目標に合った研修病院を選択することが大切ですが、そういった人も、まだはっきりとした将来の見通しが立っていない人も、志高く研修に臨めば、ここでの研修はきっと最高のものとなることでしょう。ぜひ一度見学に来て、ここでの研修、帯広のまちの雰囲気を感じてください。

最終更新日:2015年05月25日