現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 帯広厚生病院
  3. 専門医研修
  4. 総合診療専門医養成プログラム

総合診療専門医養成プログラム

帯広厚生病院は十勝管内から一部日高まで、約35万人の医療圏をカバーする高次医療機関です。20を超える診療科を有し、救命救急センター、災害拠点病院、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院等多数の機関指定を受けています。また平成30年11月に全館新築移転が決定しており、最新の設備環境で働くことができます。

帯広厚生病院総合診療専門医養成プログラム

※日本専門医機構による審査の結果、変更の可能性があることをご承知おきください。
総合診療専門医とは、在宅から入院まで、救急から療養まで、幅広いフィールドで、幅広い診療能力を生かして活躍する専門医です。
当院のプログラムは、総合診療専門医の基本的診療能力となる、内科・小児科・救急を帯広厚生病院という総合病院でしっかりと身に着けることができます。また、十勝管内の中規模医療機関や帯広厚生病院内部の総合診療科で、専門分野や臓器にとらわれない視点で、患者さん個人から家族・地域までとらえた広い視点を持つための訓練を行うことができます。
基本的な確固たる診療能力を持ち、それを幅広い診療フィールドで発揮する方法を学ぶことができ、あなたがこれから総合診療医として活躍してゆく上で核になる診療能力を身に着けることができます。
募集人数:2人

最終更新日:2017年09月27日