現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 環境経営への取り組み

環境経営への取り組み

環境対策 基本理念


環境保全活動の重要性を認識し、環境負荷の軽減に努め、将来にわたって、総合的な医療・保健・福祉の提供との両立を目指します。


環境方針
・環境対策関係法令等を遵守します。
・環境経営を職員に周知し、環境に関する意識向上に努めます。
・省エネルギーに努め、温室効果ガス排出量削減に努めます。
・提供する医療サービスの面から、標準化と効率化を図り環境負荷を低減します。
・使用する化学物質を適正に管理し、余分な使用を減らします。
・医薬品、医療用ガス、危険物及び化学物質の管理を安全かつ確実に行います。
・医療廃棄物等のゴミを適正に管理し、廃棄物排出量の削減に取り組みます。
・持続可能な社会を築くため、グリーン購入を推進します。
・節水に取り組み、総排水量の削減を推進します。

環境対策関係法令の遵守
・エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年法律第49号)の適切な運用
・建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年法律第104号)の遵守
・廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)の遵守
・地方自治体の環境条例の遵守
・施設の更新期にあわせた環境保全対策に係る施設整備の推進
・グリーン購入、環境報告書の作成・公表の促進等、環境に配慮した経営

エネルギー管理方針
地球環境に配慮し、エネルギー消費効率の向上及び効果的な使用に努め、エネルギー消費改善を図る。

・エネルギーを消費する設備の運転及び保守並びに点検等に関して、管理標準を設定し、これに準拠した管理を行う。
・エネルギー管理統括者は「省エネルギー法」に定められた「定期報告書」、「中長期計画書」を管轄官庁に提出する。
・エネルギー管理体制の充実を図るとともに、職員の省エネルギーに関する意識の啓発に努める。
・業務の性質及び規模に対して適切であること。
・継続的改善及び職場環境の維持改善に関する配慮がなされていること。
・関連する法規制及び本会の理念及び環境方針に則していること。


最終更新日:2011年12月05日