現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 当院における新型コロナウイルス感染症対策について

当院における新型コロナウイルス感染症対策について

感染対策室長からのメッセージ

あ

院内感染対策室 室長  秋葉 裕二

平素より、旭川厚生病院を温かくご支援いただいておりますこと、感謝申し上げます。

緊急事態宣言の解除後、新型コロナウイルス感染症に関しましては、全国各地において再び感染拡大傾向が明らかになってきております。北海道においても札幌圏を中心に感染の収束には至っておらず、予断を許さない状況が続いています。

当院では、今年2月からの新型コロナウイルス道内外の発生を受け、感染防止対策としてご来院の皆様と患者の皆様にマスクの着用、咳エチケット、手指衛生の徹底、ソーシャルディスタンスの確保をお願いして参りました。また、ご不便もおかけしておりますが、より安心して療養していただくために、ご家族・ご友人の皆様に面会の原則禁止もご協力いただいおります。

当院では、「従業員が感染をしない・させない」ことが患者の皆様への感染防止対策につながると考え、手指消毒の徹底や診療に当たっての適切な防護具の使用など、全職員が感染防止対策の実践に努めて参りました。院内の感染対策室では何が適正な対策となるかを協議し、従業員のフェイスガードやマスク着用等の飛沫感染を徹底予防するなどの環境整備も行っております。なお、受付等へのビニールカーテンの設置は、それ自体が感染源となる可能性があることから設置を見送っております。

また、急がない検査入院の延期や、一部の健診業務の休止や延期、病状が安定している患者の皆様に対する受診間隔の延長、長期処方や希望される方への院外処方への変更も実施して参りました。

この度、全身麻酔手術前の患者の皆様を対象に、スクリーニングPCR検査を院内で実施する体制を整備し、新型コロナウイルス感染防止対策の一層の強化を図ることにいたしました。

今後、旭川厚生病院の理念でもある「最も信頼され選ばれる」病院をめざし、これまで行ってきた院内感染防止対策の一層の周知徹底はもとより、患者の皆様が安心して当院で診療が受けられるよう、さらに万全な感染防止対策を行って参りますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
          
                         院内感染対策室 室長  秋葉 裕二

ページのトップへ

当院における感染症対策について

当院では安全な医療の提供に努めております。

a

当院の手指消毒剤の設置個所です。ご来院の際にご利用ください。

詳細な対策については下記のリンクよりご確認ください

最終更新日:2020年10月08日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 当院における新型コロナウイルス感染症対策について