帯広厚生病院

総合診療科について

総合診療医とは

外来,入院,救急,院内の様々な診療の場面で,診断が未分化な状態の患者さん,複数の問題を総合的にマネジメントしなければならない患者さんに対しては,臓器専門診療科の枠組みでは柔軟な対応が難しい場合があります.そのような患者さんに適切なマネジメントを行い,必要に応じて専門診療科と連携を取り,最善の医療を提供することが総合診療医の役割です.「疾患としての問題点は何か」という視点だけではなく,「患者さんの問題は何か」,「その問題に対応するために必要な医療資源は何か」,「それを当院の医療資源を最大に生かして,適切に提供するためにはどうすればよいか」という視点から,包括的で統合的な診療を行います.そして総合診療医は,訪問診療,地域包括ケア病床など,より地域に近いところでの活動が主体となる「家庭医」と,急性期複合病態患者の入院管理,診断困難例,専門診療を受けている患者さんの併診(コンサルテーション,コマネジメント)などを行う「病院総合診療医」に二分されます.

ページのトップへ

帯広厚生病院総合診療科の特徴

当科は,総合診療医の中でも,「病院総合医」としての役割を担っております.

一番の特徴としては,脳神経外科入院患者(一般病棟)へのCo-management介入です.脳神経外科全患者に対して総合診療科的側面から評価,検査,治療介入を行います.脳神経外科患者への診療を更に向上させ,また,脳神経外科病棟スタッフの診療負担を軽減させる事を目指しています.

また,院内各科から入院患者の院内コンサルテーションを受けております.主な紹介理由は,不明熱精査目的,電解質異常,複合病態へのマネージメントであり,専門科治療を濃厚に受けた後の患者さんの病態理解は複雑であり,様々な分野への理解が求められます.

外来や自科入院では,不明熱や不定愁訴化しやすい敗血症や膠原病,血液悪性腫瘍など,「診断が難しい」とされる患者さんの診断や初期治療が多くを占めます.一方で感冒や胃腸炎等のCommon diseaseを診療することは比較的少なくなっています.診療科が揃っている大規模病院に属する総合診療科という特性上,院内他科の力を借りながら,診断と治療を組み立て,プロセスの質を保つことを重要視しています.

道内有数の研修病院である当院の中でも,当科は,研修医教育の主軸を担っております.外来研修や病棟業務を中心に,「病棟実習の延長」ではなく,「医師の業務」として主体性を持たせる教育を行っております.当科は様々な背景の医師が所属しており,スタッフとしても多くの学びを得る事ができます.

平日夜間は,当番体制としております.平日は週1-2回,土日は月に2日程度の分配となります.
救急外来の日当直は月1-2回担当となります(科で4-5枠程度).診療内容は内科系疾患(1・2次救急車,walk in)となります.

2020年度入院患者の概要

2020年度入院患者の概要

当科経験疾患の詳細(入院・外来,2019年以前を含む)

膠原病
ベーチェット病,高齢発症関節リウマチ,成人スティル病,全身性エリテマトーデス,リウマチ性多発筋痛症,RS3PE症候群,シェーグレン症候群,結節性多発動脈炎,側頭動脈炎,顕微鏡的多発血管炎,SAPHO症候群
代謝内分泌
甲状腺機能亢進症・低下症,急性副腎不全,クッシング症候群,下垂体機能低下症,原発性副甲状腺機能亢進症,電解質異常,アルコール性ケトアシドーシス,妊娠後骨粗鬆症,腎性尿崩症,インスリノーマ
感染症
感染性心内膜炎,感染性大動脈瘤,化膿性脊椎炎・関節炎,肝膿瘍,手足口病,パルボウィルスB19感染症,丹毒・蜂窩織炎,伝染性単核球症,結核性リンパ節炎,複雑性ブドウ球菌菌血症,E型肝炎,侵襲性肺炎球菌感染症,Clostridioides difficile感染症,熱帯熱マラリア,デング熱
神経
亜急性連合性脊髄変性症,進行性核上性麻痺,筋萎縮性側索硬化症,ナルコレプシー,パーキンソン病,レストレスレッグス症候群,慢性硬膜下血腫,脳血管障害
消化器
クローン病,潰瘍性大腸炎,原発性胆汁性肝硬変,自己免疫性肝炎,閉鎖孔ヘルニア 
整形外科
椎間板ヘルニア・脊椎圧迫骨折,偽痛風 
悪性腫瘍
悪性リンパ腫,肝癌,膵癌,肺癌,胃癌,大腸癌,甲状腺癌,前立腺癌,膠芽腫,腎細胞癌,肉腫,急性白血病,骨髄異形成症候群,腫瘍性骨軟化症
中毒
コリンエステラーゼ阻害薬中毒,ジギタリス中毒,カフェイン中毒,一酸化炭素中毒 
精神科領域
パニック障害,統合失調症,うつ病,せん妄,認知症,薬物乱用,摂食障害,水中毒 
その他
心原性失神(洞不全症候群),更年期障害,アナフィラキシー,深部静脈血栓症,スイート病,縦隔気腫,菊池病,Good症候群,COACH症候群,Erdheim-Chester病,Werner症候群,POEMS症候群  

ページのトップへ

募集する医師像

各専門医取得後のスタッフ,専攻医を募集しております.
専攻医プログラムは,内科専門医プログラム,総合診療専門医プログラムがあり,新規プログラム参加や,他プログラムからの異動も可能です.総合診療専門医取得後の2階部分としては,新・家庭医療専門医プログラム,日本病院会病院総合医育成プログラムを開設しています.

ご希望に応じた勤務を,常勤・非常勤含めて検討,相談できます.
自信は無いけれども興味を持って頂けた方にも,最大限の配慮をして,ともに成長しながら良い診療ができるようにサポートいたします.

まずはお気軽にお問い合わせください.半日から見学も可能です.
次の項目に一つでも該当する方は,ぜひ当院の勤務をご検討ください.
・診断困難例の診療に興味がある
・コモンディジーズは十分経験したので,頻度の低い疾患や,非典型的な症状で来られる疾患を経験したい
・内科一般の診療スキルが求められる現場で働きたい
・今まで専門診療科に属していたが,総合診療医へ転向を考えている
・得意な専門分野の知識を活かしながら,全人的医療を行いたい
・育児・介護等の諸事情により臨床を離れる期間があったが,今後臨床に復帰するにあたり無理なく知識・技術をブラッシュアップしたい
・総合診療医として働きつつ,最先端の専門治療の知識をブラッシュアップしたい
・研修医と一緒に学びながら診療したい
・自分のできる範囲の診療内容,勤務体制で,無理なく総合病院の急性期医療に携わりたい
・忙しすぎない環境で働きたい
当科では,それぞれのメンバーが個々人の診療スキルや,キャリアの上で大切にしたいことを尊重します.
・外来中心で働きたい方
・病棟中心で働きたい方
・時短勤務,フルタイムではない勤務をご希望の方
・訪問診療や地域医療機関応援,院内多職種チームへの所属もご相談ください
見学に係る連絡先
〒080-0024
北海道帯広市西14条南10丁目1番地
℡0155-65-0101/Fax0155-65-0105

JA北海道厚生連帯広厚生病院
臨床研修センター 道下 恭子
e-mail obihiro.kousei.rinsho@ja-hokkaidoukouseiren.or.jp  

ページのトップへ

院内学習環境

インターネット接続

院内全域で無線LANによるインターネット接続が可能です 

病院契約図書

UpToDate,Medical Online,医書.jp,医学中央雑誌 web,Online/Paper Textbook(Harrison, Cecil, Mandel,Goroll, Current, HOSPITAL MEDICINE, Sapira, Merritt’sなど多数)

和雑誌

病院図書館に常備

ページのトップへ

スタッフ紹介

山本 浩之

職名:主任医長
卒業年次:平成18年
興味のある分野:総合診療
認定資格:
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医
経歴
平成18年3月 旭川医科大学卒業
平成18年4月 湘南鎌倉総合病院 初期臨床研修医
平成20年4月 湘南鎌倉総合病院 総合内科 後期研修医
平成23年4月 帯広厚生病院 総合診療科

吉廣 剛

職名:医長
卒業年次:平成17年
興味のある分野:循環器診療,救急医学,地域医療,総合診療
認定資格:
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本DMAT隊員 

小松 守

卒業年次:平成27年
興味のある分野:感染症,集中治療
認定資格:
日本内科学会内科専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本渡航医学会認定医療職
ICD制度協議会認定ICD(Infection Control Doctor)
経歴
平成27年3月 旭川医科大学卒業
平成27年4月 水戸協同病院 初期臨床研修医
平成29年4月 前橋赤十字病院高度救命救急センター 集中治療科・救急科 後期研修医
平成31年4月 帯広厚生病院 総合診療科 後期研修医(内科プログラム) 

亀田 健太郎

卒業年次:平成28年
興味のある分野:家庭医療,総合診療
日本医師会認定産業医 

お問い合わせ窓口

  • 電話:011-232-6506

    ※ 電話の受付時間は8時30分~17時まで。 土曜・日曜・祝日はお休みです。

  • FAX:011-222-4684
  • E-Mail:dr-recruit@ja-hokkaidoukouseiren.or.jp
    • 〒060-0004
      北海道札幌市中央区北4条西1丁目 北農ビル9階
    • JA北海道厚生連 人事課  吉原 利彦

最終更新日:2022年02月09日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 勤務地から探す
  3. 帯広厚生病院
  4. 医師募集
  5. 総合診療科について