現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 概要案内
  4. 沿革

沿革

年月 できごと
昭和17年1月 倶知安町が佐久間周作医師により経営を譲り受け町立病院開設
昭和20年4月 倶知安町より北海道農業会に経営移管、北農倶知安厚生病院として開設
昭和23年8月 北海道農業会解散、北海道厚生農業協同組合連合会の設立経営継承
[診療科 内科・小児科・外科]
院長に新田義治郎氏就任
(病床数:76床)
昭和23年11月 院長に石塚 安氏就任
昭和24年11月 院長に金子好造氏就任
昭和25年11月 産婦人科新設
昭和27年7月 院長に山本利治氏就任
昭和27年10月 院長に若狭謙吉氏就任
昭和28年4月 耳鼻咽喉科新設
完全給食実施
昭和29年9月 院長に山信田欣一氏就任
昭和30年7月 本館増築工事竣工
昭和30年10月 結核病棟新設(一般病棟64床・結核55床)
(病床数:119床)
昭和35年11月 倶知安町伝染隔離病棟併設(伝染13床)
(病床数:132床)
昭和36年11月

精神神経科および精神神経科病棟新設(精神52床)

昭和39年11月 一般(現北棟)増築工事竣工(一般88床)
(病床数:208床)
昭和40年9月 院長に出間正紀氏就任
昭和40年10月 「基準寝具」承認
昭和45年5月 倶知安厚生准看護学院設立
昭和45年6月 第1期増築工事竣工(現西棟 地下1階・地上3階)
(一般117床・精神100床・結核55床・伝染13床・計285床)
昭和46年5月 「2類看護」承認
昭和46年6月 総合病院の名称許可
整形外科・眼科新設、リハビリテーション施設併設
昭和48年5月 院内保育所開設
昭和48年12月 地域センター指定
昭和49年1月 泌尿器科開設
昭和49年3月 救急病院の告示
昭和49年7月 第2次増改築工事竣工(現中央棟 地上3階)
(一般157床・精神100床・結核55床・伝染13床・計325床)
院長に三浦武氏就任
昭和50年3月 一般・精神病棟「1類看護」承認
昭和50年7月 結核病等の一部を一般病棟に変更
(一般185床・精神100床・結核27床・伝染13床・計325床)
昭和50年11月 結核病棟「1類看護」承認
昭和51年3月 一般病棟「特1類看護」承認
昭和52年2月 倶知安厚生准看護学院を倶知安厚生看護高等専修学校に改称
昭和52年11月 精神科病棟増築工事竣工
(一般185床・精神110床・結核27床・伝染13床・計335床)
昭和54年6月 一般病棟「特2類看護」承認
昭和58年1月 人工透析開始(2床)
昭和59年3月 第3次増改築工事竣工(現東棟 地下1階・地上3階)
RI検査機器導入・人工透析増設(11床)
結核病床を一般病床に変更
(一般245床・精神110床・伝染13床・計368床)
昭和59年9月 駐車場全面整備拡張
昭和61年4月 医事システム・財務システム電算化実施
昭和61年5月 二次救急応需(病院郡輪番制)開始
昭和61年8月 CT(全身用コンピュータ断層撮影装置)導入
昭和61年9月 ATM(現金自動預入支払機)設置
(病床数:423床)
昭和61年11月 人口透析増設
昭和62年4月 人間ドックシステム・臨床検査システム電算化実施
昭和63年4月 精神科入院患者預り金システム電算化実施
昭和63年10月 北海道救急医療情報システムに参画
昭和63年11月 一般病床増床
(一般300床・精神110床・伝染13床)
平成2年10月 人工透析増設(19床)
眼科外来診察室・保健指導室増設
平成3年11月 中央棟増築(事務室・薬局・リハビリテーション)
平成4年2月 看護師宿舎工事竣工(レジデンス厚生70室)
平成5年7月 検査採血室設置(臨床検査技師採血)
平成5年12月 人工透析増設(20床)
平成5年12月 院長に鈴木亜喜弘氏就任
平成6年7月 一般病棟「特3類看護」承認
平成8年6月

完全週休2日制実施

平成8年7月 精神病床(110床)新看護体系(3.5対1A)に移行
平成8年8月 一般病床(300床)新看護体系(2.5対1A)に移行
シネアンギオ(循環器対応全身血管撮影装置)導入
平成9年4月 内科より消化器科・循環器科が分化開設(13科)
平成9年8月 第4次(第1期)増改築整備工事着工
平成10年6月 皮膚科標榜 (合計14科)
平成10年9月 第4次(第1期)増改築整備工事(精神病棟・作業療法施設完成移転)
(一般300床・精神120床・伝染13床・計433床)
平成10年10月

隔離病舎完成移転
(一般300床・精神120床・伝染8床)

平成11年4月 第二種感染症指定医療機関の指定(2床)
(一般300床・精神120床・感染2床・計392床)
平成11年10月 第4次(第1期)増改築工事(中央診察棟完成移転)
人工透析増床(32床)・ICU(2床)・CCU(2床)設置
平成11年11月 ようてい訪問看護ステーション開設
平成11年12月 救急処置室設置
平成12年1月 1月第4次(第1期)増改築整備工事(内部改修工事)完了
(一般270床・精神120床・感染2床)
平成12年2月 外来オーダリングシステム・外来カルテ中央管理システム電算化導入
平成13年3月 MRI(超電導磁気共鳴診断装置)導入
平成14年3月 倶知安厚生看護高等専修学校閉校
平成14年4月 倶知安厚生病院災害・救急連絡協議会設置
平成14年9月 シネアンギオ(循環器対応全身血管撮影装置)更新
平成14年10月 脳ドック開始
平成15年4月 肺がんドック開始
平成16年7月 院長に高橋雅俊氏就任
平成19年12月 日本消化器内視鏡学会 専門医制度指導施設認定
平成20年8月 療養病棟休床
平成21年4月 療養病棟の廃止及び一般病棟(第1病棟)の休床
(一般230床・精神120床・感染2床 計352床)
平成21年5月 64列MDCT導入
平成21年7月 新オーダリングシステム導入に伴い入院オーダリングシステム導入
平成22年8月 外来化学療法室開設
平成23年4月 ホスピタルローソン営業開始
平成23年8月 精神病床120床から60床へ再編
(一般230床・精神60床・感染2床 計292床)
平成23年10月 こころの総合支援センター開設
平成23年11月 災害拠点病院認可
平成24年4月 院長に九津見圭司氏就任
平成24年5月 一般病棟230床から172床へ再編
(一般172床・精神60床・感染2床  計234床)
平成25年4月 初期被ばく医療機関に指定
平成27年1月  地域包括ケア病棟開設

最終更新日:2016年03月24日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 概要案内
  4. 沿革