現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 薬剤科
  5. 薬剤科 学術活動

薬剤科 学術活動

研究発表

第16回日本医療薬学会年会(平成18年9月 金沢市)

演題:添付文書からみた先発医薬品と後発医薬品の比較
■発表者:津田 雅大、他10名

医学薬学フォーラム2007(平成19年7月)

演題:添付文書におけるチトクロームP450の記述に関する問題点
■発表者:津田雅大、他7名

■演題:当院に於ける調剤時間、過誤件数から考えた調剤時間の検討
■発表者:高橋秀幸他、他8名

第17回日本医療薬学会年会(平成19年9月)

演題:HMG-CoA還元酵素阻害薬の費用対効果の検討
■発表者:小田達哉、他10名

第18回日本医療薬学会年会(平成20年9月)

演題:当院精神科病棟における向精神薬の処方実態調査 Chlorpromazine換算からの検討
■保科くるみ、他11名

第1回緩和医療薬学会総会(平成20年10月)

演題:がん疼痛治療ガイドラインを用いたオピオイドレスキュー処方調査
■発表者:津田雅大、他8名

第3回日本緩和医療薬学会

演題:オピオイドによる精神症状に対する薬物治療の実態調査
■発表者:津田雅大、他9名

第20回日本医療薬学会年会(平成22年11月)

演題:オピオイドによる精神症状に対する薬物治療の実態調査(Ⅱ)
■発表者:高橋秀幸、他9名

第21回日本医療薬学会(平成23年10月)

演題:定型と非定型抗精神病薬の処方状況と抗パーキンソン病薬との関連について
■発表者:保科くるみ、他8名

第27回日本静脈経腸栄養学会(平成24年2月)

演題:カテーテル関連血流感染症(CRBSI)の発生頻度調査と介入効果の検討
■発表者:寺原史貴、他8名

演題:脂肪乳剤適正使用に向けた薬剤科介入後評価
■発表者:高橋秀幸、他8名

第43回全国厚生連病院薬剤長会議学術総会(平成24年10月)

演題:フォルテオ皮下注キットの手技実態調査
■発表者:中屋健、他9名

第22回日本医療薬学会年会(平成24年10月)

演題:AUDを用いた抗菌薬届出制導入前後での抗菌薬使用量と薬剤感受性の検討
■発表者:山崎健吾、他7名

第24回日本医療薬学会年会(平成26年9月)

演題:テリパラチド皮下注キットの使用実態調査
■発表者:佐藤 公人 他8名

第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(平成27年6月)

演題:薬剤師によるフィジカルアセスメントに対する医師・看護師の評価
■発表者:寺原 史貴

第62回日本化学療法学会東日本支部総会 第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会 合同学会(平成27年10月)

演題:薬剤師病棟業務での抗菌薬に対する介入項目の検討
■発表者:寺原 史貴

第25回日本医療薬学会年会(平成27年11月)

演題:誤嚥性肺炎に対するSBT/ABPCとCTRXの有効性に関する後方視的検討
■発表者:寺原 史貴 他3名

最終更新日:2016年03月09日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 薬剤科
  5. 薬剤科 学術活動