現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 札幌厚生病院
  3. 初期臨床研修
  4. 研修プログラム

研修プログラム

研修プログラム1年目

1年目
※内科を6ヶ月を必修とする。
第1内科(代謝・内分泌)、第2内科(血液・一般)、第1消化器科(胃腸)、第2消化器科(胆・膵)、第3消化器科(肝臓)、呼吸器科、循環器科の7科より3科を選択し、1科につき2カ月づつ研修する。

※外科を2ヶ月必修とする。

※救急を3ヶ月必修とする。
(外科1ヶ月、麻酔科2ヶ月及び研修中の2年間で行う当直研修においても救急を研修する)

※小児科又は産婦人科を1カ月必修とする。
(1年目小児科の場合は2年目産婦人科となる)

ページのトップへ

研修プログラム2年目

2年目
※小児科又は産婦人科を1ヶ月必修とする。(2年目産婦人科の場合は1年目小児科となる)
※精神科を1ヶ月必修とする。

※地域医療・保健を1ヶ月必修とする。

※自由選択科目は、次の科目より最大9ヶ月間選択する。
 第1内科(代謝・内分泌)、第2内科(血液・一般)、第1消化器科(胃腸)、第2消化器科(胆・膵)、第3消化器科(肝臓)、呼吸器科、循環器科、神経内科、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療、心臓血管外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、放射線科、臨床病理科より選択する。

※地域医療研修は厚生連内各一般病院及びクリニック、地域保健研修は江別保健所にて行う。
 
※自由選択科目として、北海道大学病院・札幌医科大学附属病院・旭川医科大学病院・天使病院・北海道立子ども総合医療療育センターによる研修を選択することもできる。

※自由選択にあてる期間は、将来自分が専門としたい診療科はもちろんのこと、専門とするために必要な関連科での研修や、必修科目で不十分であった診療科の研修を行う。

ページのトップへ

基本ローテイト(例)

(1年次目)
1年次
(2年次目)
2年次

最終更新日:2016年05月26日