現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 人工透析

人工透析

診療内容

『人工透析室の紹介』

当人工透析室は昭和58年1月2床でスタートし、透析患者さんの増加と地域のニーズにこたえるべく増床を重ね、現在31床(内個室が1床)で約70名の患者さんの透析を施行しています。昨年、透析通信システムを『Future Net Web+』へ更新し、患者さんのデータ管理・診療補助等幅広く活用し安全で快適な治療につなげています。医師の回診は午前が泌尿器科、午後は総合診療科の医師が行い、毎日患者さん一人ひとりと会話をし、きめ細かな診療を心がけています。その中で患者さんの10年20年先を見越した患者指導・合併症予防・治療を実践しています。より快適で安全な透析ライフをおくれるよう、医師を中心に看護師、臨床工学技士など専門スタッフが一つのチームとなり万全の体制で透析治療を行っています。

『透析治療時間』

透析室への入室は午前の部は午前8時からとなります。準備が出来るまで入口を閉めさせていただいておりますので、スタッフが入口を開けるまでは待合室でお待ち下さい。また、午後の部についてはベッドの準備が出来しだいご案内いたします。

月・水・金 午前8:00〜午後7:00
火・木・土 午前8:00〜午後5:00
◎祝日も、年末年始も休まず稼働しています。

『人工透析室の特徴』

1. 患者さんに応じた治療の提供
痒み下肢のイライラ、透析困難症の改善、更には合併症予防としてオンラインHDFを積極的に施行しています。また積層型ダイアライザーを採用し導入期や低栄養の患者さんに使用し効果を上げています。

2. 入院透析
患者さんの状態により入院が必要となった際の維持透析を行っています。また、当院の他診療科と連携し、患者さんの健康管理情報を共有しています。

3. 旅行透析
ご旅行などでご利用いただく際の臨時透析につきましては、新型コロナウイルスの影響で患者さんや医療スタッフの安全を十分に確保できない状況から、当面の間、受け入れを中止いたします。
ご理解ご協力をお願いいたします。

4. 無料送迎
寿都町・岩内町を対象に平成29年8月から送迎を開始しています。ドアtoドアで通院が困難な患者さんにご利用いただいております。

5. 見学について
当院での透析をご検討されている患者さんへ見学を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ

医師紹介

副院長(兼)医療安全管理室長(兼)地域医療連携室長
髙木 誠次
たかぎ せいじ
Seiji Takagi
泌尿器科 主任医長
島 正樹
しま まさき
Masaki Shima
総合診療科 医長
岸野 宏貴
きしの ひろき
Hiroki Kishino
総合診療科 医長
濱本 航
はまもと わたる
Wataru Hamamoto

ページのトップへ

施設紹介

画像集

touseki001
ワンフロアに31台の透析装置が並んでいます
touseki002
透析室の出入口近くにある個室
touseki003
待合室

最終更新日:2021年01月07日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 人工透析