現在位置の階層

  1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 3年間の教育課程について

3年間の教育課程について

基礎分野

●科学的思考の基盤
 
文章構成法・倫理学・物理学・統計学・英語・選択科目(語学)

●人間と生活・社会の理解

 文学・心理学・人間関係論・社会学・教育学・保健体育

ページのトップへ

専門基礎分野

●人体の構造と機能
 解剖学・生理学・生化学

●疾病の成り立ちと回復の促進

 栄養学・微生物学・薬理学・病理学

●健康支援と社会保障制度

 医療概論・公衆衛生学・社会福祉学・関係法規

ページのトップへ

専門分野

専門分野は、専門分野Ⅰ(基礎看護学)、専門分野Ⅱ(成人看護学・老年看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学)、統合分野(在宅看護論・看護の統合と実践)の3分野8科目に分かれています。学内でそれらの専門知識・基本的な看護技術を修得し、さらに病院や保健医療福祉施設での実習では「その方が必要としている看護とは」を考え個別性のある看護実践を学びます。
看護実践の基礎となる心・知識・技術を学び、日々発展する看護学にも関心をもち、社会の諸現象にも対応できる看護師を目指します。

専門分野Ⅰ

【基礎看護学】
看護学のベースとなる分野。看護の理念を学び、看護過程、感染予防、コミュニケーション、観察、フィジカルアセスメント、基本的な看護技術の習得と共に看護職としての態度も養います。

専門分野Ⅱ

【成人看護学】
青年期・壮年期の成人を対象とした看護学。急性期、慢性期、周手術期、終末期看護など幅広い分野にわたり、看護の判断力、実践力を身につけます。
【老年看護学】
急速な高齢社会が問題になっている現代。老年期における身体機能を把握し、健康障害、回復過程の特徴と日常生活の自立を目指した看護を学びます。
【小児看護学】
小児各期の成長・発達の特徴と小児を取り巻く環境の変化を理解し、必要な援助方法を習得。健康障害を持つ小児とその家族を含めた看護も学びます。
【母性看護学】
健全な時代を生み育てる過程と母性機能の特性を学び、母性各期の変化を理解し、看護ケア能力を習得し、母性(父性)意識の啓発にも意識を向けます。
【精神看護学】
精神の健康問題を抱える人が急増する時代、精神看護のニーズは高い。
精神の障害を持つ人とその家族への看護、心の健康維持について学びます。

統合分野

【在宅看護論】
総合保健医療福祉の概念を踏まえ、社会全体のニーズに対応できる看護の幅広い知識と技術を身につけ、在宅で療養する患者と家族を支えられる温かい心をも養います。
【看護の統合と実践】
チーム医療及び他職種との協働の中の、看護職としてのメンバーシップ・リーダーシップを学び、さらに、広い視野を持って役割発揮できる力を養います。

最終更新日:2016年07月15日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 3年間の教育課程について