現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. 放射線技術科
  6. マンモグラフィ

マンモグラフィ

マンモグラフィ撮影装置が新しくなりました

マンモグラフィ 撮影室⑥

マンモグラフィ装置
2014年9月よりマンモグラフィの撮影装置が新しくなりました。今回の更新によりフィルムレスとなり、 モニタでの読影システムも導入され、さらにトモシンセシスという最新の撮影技術も導入されています。

新装置の特徴

FPD(フラットパネルディテクタ)搭載により、従来と比較して被ばくが少なくボケの少ない詳細な画像が得られます。また撮影した画像をすぐに確認できるため、検査時間が短くなります。新技術としてトモシンセシスという、乳房の断面を撮影する技術が導入されています。 X線の角度を変え9つの角度で撮影する事により、断面の写真が得られます。これにより、腫瘍や石灰化などと乳腺の重なりが少なくなり病変が分かりやすくなります。通常撮影に追加しての撮影になりますが、被ばくに関しても大きな増加はなく心配ありません。
読影用モニタ

マンモグラフ検診施設画像認定取得

撮影はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会のマンモグラフィ撮影認定技師を中心に、研修を積んだ技師によって行われます。
撮影技術のみならず、装置の精度管理が適切に行われている施設にマンモグラフィ検診精度管理中央委員会より与えられる施設認定を取得しており、現在斜網地区唯一の認定施設として検診、精査に活躍している装置です。新技術も搭載され、ますます乳がん発見に貢献するものと思います。マンモグラフィ検診を受けてみようとお考えの方は、これを機に検査を受診してみてはいかがでしょうか?  

最終更新日:2015年05月07日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. 放射線技術科
  6. マンモグラフィ