現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部

看護部

高度化・複雑化していく医療の中、看護職は、患者様の一番の守り手としていつも患者様のそばで寄り添い、患者様やご家族の意思を尊重しながら、質の高い看護の提供を目指し活動しています

理念・基本方針

人間性と生命の尊厳を基本に、良質な看護を実践します
  1. 看護の専門的判断のもと、受診者の個別性を重視し、日常生活への適応を支援します
  2. 受診者・家族の意思を尊重し、自己決定への支援をします
  3. チーム医療推進のために、看護専門職としての責務を果たします
  4. 質の高い看護を実践できるよう自己研鑽します

目標

  1. 看護の専門性を発揮し、切れ目の無い看護を提供する
  2. 急性期病院、がん診療連携拠点病院としての体制を整備する
  3. 他職種と共同し、病院経営に積極的に参画する
  4. 看護部目標とリンクさせ、自己研鑽目標を明確にして自己研鑽をする

看護部長からのメッセージ

看護部長の写真

札幌厚生病院 看護部長 加藤 久美子


 当院は街の中心部に位置し、周辺環境にも恵まれた高機能病院として、市内はもとより全道各地から受診者が訪れます。地域の方々から「最も信頼され、選ばれる病院」となることを目標に、各診療科の特色を発揮し、地域に密着した医療活動を実践する一方、医療の現状に迅速に対応できるよう、最新の医療機器を積極的に導入し、先端医療技術の研鑽に努めています。
 近年の医療社会情勢の急激な変化の中、常に患者利用者の立場に立った「切れ目の無い医療看護」の提供に努めています。どんなに忙しくても短時間でも「良い看護」を目指そうと努力する愛情深い看護職が、お互いに自己研鑽しながら成長しています。

札幌厚生病院の特徴

 札幌厚生病院は、「最も信頼され選ばれる病院」となることを目標に、保健・予防から高度医療急性期医療の提供、地域がん診療連携拠点病院として終末期医療までの、一貫した医療の提供をしています。
 地域がん診療連携拠点病院としてのがん相談支援センターや緩和チームの活動、また小児科をはじめとする消化器・循環器・呼吸器の二次救急医療を担っています。     

最終更新日:2016年08月26日