現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 皮膚科

皮膚科

診療内容

    常勤医3名(専門医1名)で診療に当たっている。水曜日は爪疾患専門外来、女性皮膚科専門外来も開設中。入院患者は平均6名/日、外来患者は平均120名/日であるが病院内の他科入院患者の皮膚病も1日平均10名ほど診ている。総合病院の皮膚科診療科としては大学を除くと北海道屈指の患者数を扱い、近郊の皮膚科医院のみならず道北、北空知、道東、札幌圏からも紹介患者が多いのが特徴である。診療対象はアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬などの難治性皮膚疾患のみならず、帯状疱疹、慢性蕁麻疹、円形脱毛症などのポピュラーな疾患も扱う。皮膚筋炎、ベーチェット病、強皮症などの膠原病関連疾患と水疱症、重症薬疹などの入院患者が多い。悪性黒色腫などの皮膚癌については当院形成外科と連携して対処している。当院は地域がん診療連携拠点病院のため新規抗癌剤による新たな薬疹患者も多数来院している。また、慢性難治性皮膚疾患の漢方治療希望者には東洋医学専門医が診療に当たっている。


ページのトップへ

診療実績

受入患者実績 (基準年4月1日~翌年3月31日)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
外来延べ患者数 31,414名 29,517名 29,684名 29,373名 27,672名
 初診患者数
(再掲)
1,911名 1,655名 1,579名 1,510名 1,411名
 紹介患者数
(再掲)
328名 300名 273名 323名 300名
入院延べ患者数 2,906名 2,401名 2,369名 2,213名 2,351名
 平均在院日数 14.9日 12.8日 13.4日 11.5日 13.6日

主な診療行為(手術・処置等) (基準年1月1日~基準年12月31日)

  平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
年間手術件数 84例 78例 63例 55例 56例
生検数 175例 150例 194例 240例 199例
紫外線療法施行患者数
(PUVA及びナローバンドUVB)
2,704名 2,665名 2,248名 2,499名 2,421名
他科 ・ 他病院の紹介患者数 552名 308名 463名 515名 557名
爪専門外来(陥入爪処置)          
   ガター法(チュービング) 152例 208例 256例 400例 267例
   テーピング法 13例 15例 23例 24例 18例
   ワイヤー法 61例 203例 251例 319例 252例
  爪切りのみ - - - 151例 301例
円形脱毛症(免疫療法) - - - 345例 362例
診療内容・実績等の詳細は下記の資料をダウンロードしてください。
臨床指標データ

ページのトップへ

医師紹介

橋本 喜夫

職名:診療部長(兼)臨床研修センター長(兼)主任部長

卒業年次:昭和58年

日本皮膚科学会専門医
日本東洋医学会認定専門医
小松 成綱

職名:部長

卒業年次:平成10年

日本皮膚科学会専門医
髙橋 憲義

職名:医員

卒業年次:平成26年

ページのトップへ

週間診療予定表

受付時間 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前 【新患】8時15分〜11時30分/
【再来】7時45分〜11時30分
橋本 橋本 小松 橋本 小松
(水元) 小松 髙橋 小松 髙橋
髙橋 (水元)   髙橋 出張医
午後 【新患】12時45分〜15時00分/
【再来】12時30分〜15時00分
橋本 橋本
(検査)

(手術)
小松
小松 小松     髙橋
髙橋 髙橋     出張医
※診察時間は8時30分からとなります。

※午後の診療開始は14時00分からとなります。

※新患・再来については受付順で診察します。但し、急患が入った場合は
  急患を優先して診察させて頂くことをご了承願います。

休診情報

土曜日、日曜日、祝祭日は休診致します。
12月30日~1月3日は年末年始の為、休診致します。
8月15日は厚生連創立記念日の為、休診致します。

医師はやむを得ぬ事情で変更する場合がございますので、
外来受付にてご確認をお願いします。

最終更新日:2018年10月17日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 皮膚科