現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 救命救急センター
  5. 7.院内BLS(一次救命処置)講習会について

7.院内BLS(一次救命処置)講習会について

 みなさん、AED(自動体外式除細動器)についてご存じですか?
電気ショックにより、心肺停止に陥った患者様を蘇生させるための器械で、現在は、一般市民は誰でも使用できるようになっています。人が多く集まりやすい野球場や、空港、スポーツジムなどでも設置されるところが増えてきています。
当院では現在、外来部門に3か所、病棟に7か所設置されています。
BLS1
 突然心肺停止で倒れた患者様への電気ショックは、少しでも早く実施することが救命率の向上につながります。
当院ではこのような患者様への迅速な対応と、安全で的確にAEDが使用できるよう、職員を対象に一次救命処置(Basic life Support~BLS)とAEDの講習会を定期的に行っています。
BLS2

 講習会は2005年より定例開催しています。現在は院内BLS教育推進委員会が運営を担っています。これまで多くの職員が受講しており、受講終了した職員は、ネームのところにハートのシールを貼っています。

BLS3

 現在は講習会の指導者を養成する研修も定期的に行い、院内BLS普及と質の底上げのために取り組んでいるところです。実際に院内救急コールシステム(コードブルー)とAEDを活用し、院内で突然倒れた患者様へ迅速な救命処置を施し、見事蘇生につなげることができた事例もあります。

BLS4
 今後も患者様へのサービス向上の一環として、BLSの普及に力を入れていきたいと考え
ています

最終更新日:2016年04月06日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 救命救急センター
  5. 7.院内BLS(一次救命処置)講習会について