現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 循環器科

循環器科

診療内容


ページのトップへ

主な対象疾患
虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症等)
弁膜症
不整脈
心不全
高血圧
脂質異常症などの生活習慣病全般
末梢動脈疾患(下肢閉塞性動脈硬化症等)
診療科紹介
循環器疾患の急性期治療、慢性期管理から生活習慣病管理・禁煙治療などの予防医療まで幅広く取り組んでいます。特にカテーテル治療に力を入れており、最新の画像診断機器を活用し、難易度の高い慢性完全閉塞病変や末梢動脈疾患に対しても、積極的な治療を行っています。
医療関係の方へ
高齢や難易度が高いとの理由で他院にて治療困難と判断された症例でも、是非一度ご相談ください。

ページのトップへ

心臓CTとカテ治療前後の画像

図1.心臓CTとカテ治療前後の画像

①   当院では虚血性心疾患や末梢動脈疾患が疑われる患者様に対して、外来でCT検査を積極的に行っています。CT検査で病変が見つかった場合には、入院していただき治療方針を検討します。カテーテル治療の適応であれば、最新の画像診断装置を用いて治療方針を決定します。図1に心臓CTとカテーテル治療前後の画像をお示しします。

図2.ステント留置後の光干渉断層法検査の画像

図2.ステント留置後の光干渉断層法検査の画像


図2はステント留置後の光干渉断層法検査の画像で、ステントの拡張状態などがよくわかります。

慢性完全閉塞

図3.慢性完全閉塞


②  慢性完全閉塞などの難易度の高い症例の治療にも積極的に取り組んでいます。慢性完全閉塞の治療技術は近年大きく進歩しました。以前は成功できなかった症例でも、成功が見込める場合が増えています(図3)。

右腸骨動脈閉塞

図4.右腸骨動脈閉塞

③   末梢動脈疾患に対するカテーテル治療にも積極的に取り組んでいます(図4)。その代表は下肢閉塞性動脈硬化症で、跛行(歩くと足が痛くなる)が主な症状です。進行すると潰瘍・壊死に至り、下肢切断の危機となることもあります(重症下肢虚血)。治療方法としては、薬物療法、運動療法に加えてカテーテル治療や外科的バイパス術などがあり、最善の治療法を選択する必要があります。近年のカテーテル治療の進歩により下肢閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療の適応は拡大していますが、旭川地区のカテーテル治療の数(人口当たり)は、札幌圏あるいは他の医療圏と比べてまだまだ少ないのが現状です。当科では末梢動脈疾患に対しても積極的にカテーテル治療を行っていますので、跛行症状でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

これらカテーテル治療以外にも救急医療や予防医療(高血圧・脂質異常症の管理等)も含め患者さんに安心し信頼いただけるような質の高い幅広い診療を心がけております。 今後も旭川、道北地区の住民のために、最先端の診断・治療を提供してまいります。

 

ページのトップへ

医師紹介

副院長(兼)
心臓血管カテーテル治療センター長
小川 裕二
Yuji Ogawa
・日本循環器学会専門医
・日本内科学会認定医
・日本高血圧学会特別正会員
・日本高血圧学会専門医指導医
主任部長
貴田岡 享
Toru Kitaoka
・日本循環器学会専門医
・日本内科学会認定医
・日本心血管インターベンション治療学会専門医
部長
鈴木 孝英
Takahide Suzuki
・日本内科学会認定内科医
・日本循環器学会専門医
・日本心血管インターベンション治療学会専門医
医長
浅野目 晃
Akira Asanome
・日本内科学会総合内科専門医
・日本循環器学会専門医
・日本内科学会JMECCインストラクター
・日本救急医学会ICLSディレクター
・ICD/CRT研修修了証取得
医長
平井 俊浩
Toshihiro Hirai
・日本内科学会認定内科医
・日本心血管インターベンション治療学会認定医
医長
柴山 佳一郎
Kaichiro Shibayama
・日本内科学会認定内科医
医員
秋田 滉一
Koichi Akita
・緩和ケア研修修了者

ページのトップへ

診療実績

受入患者実績 (基準年4月1日~翌年3月31日)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
外来延べ患者数 25,022名 24,608名 24,480名 25,062名 25,017名
 初診患者数
(再掲)
1,229名 1,120名 1,160名 1,221名 1,187名
 紹介患者数
(再掲)
535名 550名 536名 536名 573名
入院延べ患者数 9,366名 10,290名 8,520名 9,118名 9,836名
 平均在院日数 14.6日 13.0日 11.3日 10.5日 11.1日

主な診療行為(手術・処置等) (基準年1月1日~基準年12月31日)

  平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
心臓カテーテル 425例 535例 560例 572例 597例
カテーテル インターベンション 105例 212例 204例 270例 292例
急性心筋梗塞 50例 38例 41例 54例 55例
末梢血管拡張術 16例 18例 20例 29例 29例
心臓ペースメーカー植え込み術 48例 47例 39例 49例 51例
診療内容・実績等の詳細は下記の資料をダウンロードしてください。
臨床指標データ

ページのトップへ

週間診療予定表

受付時間 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前 8時00分〜11時30分 平井 小川 小川 貴田岡 小川
貴田岡 貴田岡 鈴木 柴山 浅野目
秋田
(新患)
鈴木
(新患)
柴山
(新患)
浅野目
(新患)
平井
(新患)
午後
(予約制)

(予約制)

(予約制)

(予約制)

(予約制)
※診察時間は8時30分からとなります。
※新患・再来については受付順で診察します。但し、急患が入った場合は 急患を優先して診察させて頂くことをご了承願います。    

休診情報

土曜日、日曜日、祝祭日は休診致します。
12月30日~1月3日は年末年始の為、休診致します。
 

医師はやむを得ぬ事情で変更する場合がございますので、
外来受付にてご確認をお願いします。
 

最終更新日:2019年10月04日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 各診療科のご案内
  4. 循環器科