現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 地域医療連携室
  3. がん診療地域連携クリティカルパス
  4. がん診療地域連携クリティカルパスについて

がん診療地域連携クリティカルパスについて

 平成19年4月に「がん対策基本法」が施行され、同年6月に閣議決定された「がん対策推進基本計画」では、5大がん(胃がん、大腸がん、肝がん、肺がん、乳がん)に関する地域連携クリティカルパスを5年以内に整備することが目標とされました。これを受け、全道のがん診療連携拠点病院では、共通のフォームによる運用に向けて、5大がんのパスの作成に取り組んで参りました。

 この間、旭川市医師会のご協力をいただきながらアンケート調査や説明会を実施し、協力医療機関との連絡調整を行って参りましたが、平成23年10月からパスの運用を開始する運びとなりました。ご協力に深く感謝を申し上げます。

 がん診療連携クリティカルパスの運用開始にあたり、「がん治療連携指導料」が算定可能となります。上記診療報酬の算定にあたっては、北海道厚生局への施設基準の届け出が必要です。5大がんの地域連携パスの資料ならびに連携パス届け出に必要な書類と診療報酬につきまして掲載いたしましたのでご参照ください。実際に使用するパスには、各拠点病院名や連絡先が記載され、文言等を変更している部分がありますのでご了承ください。

 なお、新たに協力医療機関になっていただける医療機関がございましたら、お手数でもご連絡くださいますようよろしくお願い申しあげます。

道北がん診療連携拠点病院連絡協議会        
(旭川厚生病院、市立旭川病院、旭川医科大学病院)
 

旭川厚生病院 連絡・お問い合わせ先
地域医療連携室: 0166-33-7171 内線2154

最終更新日:2012年05月29日