現在位置の階層

  1. ホーム
  2. がん相談支援センター
  3. 「ミナミナ」・「ハートシェア」
  4. 「ハートシェア」について

「ハートシェア」について

「ハートシェア」 は患者と家族同士が語り合える会です

がん治療中のみなさん、こんな想い抱えていませんか?
「同じ病気の人と悩みを共有できたらいいな」
「同じ境遇にある人と語り合える場がほしい」
こんな想いに応えるべく、患者様とご家族のための語り合いの場がスタートしました。

きっかけは患者さんの声でした

家族や友人だからこそ、話せないこともある。心配かけたくない。でも安易に慰められたり、励まされたりすると逆に傷つく。結局はがんになった人でないと「この気持ち」はわからない。
でも、一人だと孤独で辛い、病気の事を気兼ねなく話したい、気持ちが分かり合える人と話したい、治療の副作用や日常生活のヒントやアドバイスを得たい・・・ハートシェアはそんな患者さんの声から生まれています。

ハートシェアは患者会とは異なります

がんには多くの種類があり、患者さんの病状や治療内容もさまざまです。また、社会的な立場が違えば治療しながら抱く悩みも異なってきます。状態によっては、継続的な参加が難しい方や、診断を受けたばかりで不安いっぱいの方も多くいます。病院では、このようないろいろな患者さんのお役に立てるような取り組みをしなければなりません。そのため、特定のがんや団体だけを支援することは困難です。
一方「患者会」は、患者さん自身の行動から芽生え作られるものと考えています。しかし、その設立や運営には、いろいろな準備や問題への対処など困難も多くあります。
がん相談支援センターでは、ハートシェアなどをきっかけに患者会について興味を持たれた方に対し、患者会設立に関するアドバイスを行います。どうぞお気軽にご相談ください。
 
【お問合せ】旭川厚生病院 がん相談支援センター 電話・FAX 0166‐38‐2201
前立腺がんのお話と座談会
応募フォーム
申込期間:2022/7/7 まで
アンケートフォーム
前立腺がんのお話と座談会

最終更新日:2022年07月01日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. がん相談支援センター
  3. 「ミナミナ」・「ハートシェア」
  4. 「ハートシェア」について