現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. 放射線技術科
  6. 放射線治療

放射線治療

放射線治療とは

 放射線治療とは、種々の放射線を用いてがんを治す治療法であり、手術療法、化学療法   (抗癌剤)とともにがん治療の大きな柱の1つです。当院の装置はCT画像を撮影可能であり、寝台上で患者さんの位置合わせを行った後、ガントリを1回転させることによって治療計画に使用したCT画像と重ね合わせを行い、位置決めをします。これにより病巣に対し正確な照射を行うことが出来る装置です。 
あ

放射線治療装置:ELEKTA社製 Synergy

あ

治療計画用CT装置:東芝製MDCT Aquilion LB

  



  治療計画装置(XiO)と接続されている
CTシミュレーターでは、コンピューターで
解析し、3次元的治療計画を行っています 。
あ

RALS:千代田テクノル社製
マイクロセレクトロンHDR-V3

 



  ラルス (RALS) とは小線源治療の一つで、Remote After Loading System(遠隔操作密封小線源治療)の
頭文字を取ったものです。
  ラルスとは体の中から放射線を照射(内部照射)する
治療のことです。主に、子宮・胆道などの管腔臓器に
発生した腫瘍に対して行われます(腔内照射)。
 

画像紹介

あ

放射線治療計画 画像
治療計画用CTで撮影した画像を使用し、放射線の線量や照射角度を設定します。
画像の赤い部分が、目的とする治療部位になります。

最終更新日:2015年07月28日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 医療技術部
  5. 放射線技術科
  6. 放射線治療