現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部
  5. 教育

教育

北海道厚生連看護職員キャリア開発ラダーに基づき、札幌厚生病院の理念・看護理念・看護教育理念を根底に、社会環境、医療環境の変化や、地域ニーズをとらえた上で、看護の充実と一人ひとりの看護職のキャリアアップを図るために院内教育研修計画を作成し、個々の看護者の学習と成長を支援します

教育目標

専門性と創造性をもって、患者一人ひとりにあった質の高い看護を提供できる自律した人間性豊かな看護職を育成する

  1. 専門的知識、技術を用い、安全安楽に個別的な看護を提供できる看護職を育成する
  2. 看護倫理に基づいて、患者にとって最善のケアを提供できる看護職を育成する
  3. リーダーシップ、メンバーシップが発揮できる看護職を育成する
  4. 専門職業人として自律して学び続ける看護職を育成する
  5. 職員同士、学び合い、支え合う中で、自ら成長する

教育プログラム

 JA北海道厚生連看護職員キャリア開発ラダーに基づき、看護者個々のキャリアニーズを理解し、その達成に向けて、個々のキャリアプランに対応し、組織の発展も視野に入れた院内教育研修計画を作成し、キャリア開発ラダーのレベルごとの到達目標の達成につながる研修を企画・実施・評価しています。

新人教育

札幌厚生病院 新人職員サポートシステム

 新人看護職員が安全に看護を提供できることを目的とし専門職業人としての基本的姿勢を身につけ、段階を踏んで確実に知識・技術を習得する為にメンバー全員で育成するサポートシステムです。
 プリセプターシップとメンターシップを合わせた、新人看護職員支援体制で、新人看護師1人に対し、プリセプター・メンター各1人ずつの小チームを作り、教員担当責任者や科長と共にメンバー全員で1年間計画的にサポートしていく体制です。

ペア制:新人看護職員は、日勤勤務指導が終了した6月以降、年間を通しペア制で業務を行います。ペア制では、新人看護職員と先輩看護師がペアになり、2人で協力して看護ケアを実施します。
 新人看護職員はペアになる先輩看護師が明確なことで、わからないことや不安なことを1人で抱えることなくすぐに相談できます。そのため、安心して業務を行い、更に先輩の知識や技術を実践的に学ぶことが出来ます。
 新人看護職員の成長をサポートし、患者さまへの安全な看護の提供へ繋げています。
 

新人看護職員研修計画の到達目標

  1. 組織の一員としての自覚を持ち、社会人として、また専門職業人として基本的姿勢と態度で、責任ある行動がとれる
  2. 基本的な知識と技術を習得し、指導助言を受けながら安全で安楽な看護が提供できる


実際の患者さんへの直接ケアを提供する際に、必要とされる看護技術の基本や根拠を集合研修で正しく学び、臨床(部署)研修により経験を段階的に積み重ね、技術の取得を目指しています
新人看護職員育成のビジョン

新人看護職員研修の様子

院内研修

看護研究

  毎年、臨床現場における看護研究に取り組み、看護の質向上を目指しています

小集団活動

 小集団活動ではリーダーシップを発揮し他部門、他職種と調整・協働をして、部署で生じている問題解決に取り組み、患者視点での問題解決は医療・看護の質向上にもつながっています

看護倫理研修

 自己啓発研修として、看護倫理導入と実践報告研修を行っています。倫理的な問題を解決に導く意思決定プロセスを学び、各部署で実践します。また、各部署で実践した倫理的問題の解決プロセスは、院内の実践報告会で発表しています。研修を通して、看護倫理に基づいて患者さまへ最善のケアを提供できる看護師の育成を目指します。

フィジカルアセスメント研修

  キャリア開発ラダーレベルに合わせ、「フィジカルイグザミネーション・アセスメント」「アドバンス」研修を実施しています。「フィジカルイグザミネーション・アセスメント」は新人看護職員研修として、フィジカルアセスメントの基本手技(イグザミネーション)を活用し、患者の状態について正常と異常を判断し報告する方法を学ぶ研修を実施しています。「アドバンス」では、呼吸器・循環器、脳神経・消化器・代謝の疾患事例を用いて、体内で何が起こっているかを考え、実践での看護ケアに繋げられる内容で研修を行っています。

臨床看護実習

 当院では札幌市内の看護大学・専門学校5校14領域の臨床実習を受け入れています。各学校の実習目的、目標を踏まえ、学生個々のレディネスに合わせた指導ができるよう、実習指導者は院内の『臨床実習指導者研修』を修了した者が継続して指導しています。また、看護学生一人ひとりが看護基礎教育で学んだことを臨床現場で「つなげられる」よう実習環境を整え、学生の実習指導をしています。

入退院支援研修

 患者・家族が、医療・看護・介護が必要となっても地域で暮らし続けられるために、キャリア開発ラダーレベルに合わせた入退院支援の研修を実施しています。患者本人の意思決定や自立に向けて必要な社会資源の活用など、医療と生活の視点をもって、多職種と協働して患者や家族に必要な入退院支援を提供できる看護師の育成を目指します。

ふれあい看護体験

 毎年、看護週間には看護師を志す高校生を対象に、ふれあい看護体験を行っています。看護師や患者さんとの交流を通して、看護とふれあい、看護を知ってもらう場となっています。

最終更新日:2022年03月22日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 部署紹介
  4. 看護部
  5. 教育