現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 概要案内
  4. 院長あいさつ

院長あいさつ

より質の高い医療を提供し続け、これからも地域で完結できる医療を目指します

院長の写真

帯広厚生病院病院長 大瀧 雅文

 帯広厚生病院は1945年に開設され、その後、1955年には前病院敷地に移転し、診療機能の拡大や受療者の増加により発展するとともに、1999年には病床数748の大規模病院に成長しました。公的医療機関として、国から地方・地域センター病院の指定を受けるとともに、救命救急センターや総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、災害拠点病院として、これまで、全国で最も広い二次医療圏である十勝の住民の方々の健康と命を守るため、この地域で完結できる医療を目指し、そのために必要な診療機能の充実を図ってまいりました。

 そして、2018年11月、「高品質な医療」と「医療人の育成」、「環境への配慮」を3本の柱として病院設計や医療機器の整備などが行われ、現在地に病床数651の病院を新築移転し、さらに高い専門性と総合性を兼ね備えた病院として新しい時代を切り拓くこととなりました。また、2019年には、地域医療支援病院の指定を受けることができ、今後も地域の医療福祉施設との綿密な連携に積極的に取り組んでまいります。

 一方、昨年来、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、期待されているワクチンも医療従事者への接種がようやく始まったばかりであり、収束の兆しが見えない状況が続いています。当院でも入院患者様との面会禁止や一部の外来・入院診療で制限などをお願いし、皆様にご不便をおかけしておりますが、この1年間、院内感染を防ぐことや地域医療を崩壊の危険に曝すことのないよう、当院でも全ての職員が献身的に、かつ自制心をもって働いておりますので、何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。

 当院は、これからも十勝において高度急性期医療、すなわち、より質の高い先進的な医療を担う基幹病院であり続け、地域で完結できる医療を目指します。このあるべき姿を改めて肝に銘じ、成長し続ける病院であるよう、院長が先頭に立ち、職員一同、努力してまいりますので、今後とも変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。

 

2021年4月 院長 大瀧雅文

最終更新日:2021年04月06日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 病院概要
  3. 概要案内
  4. 院長あいさつ