現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 入院される方
  3. 入院のご案内
  4. 入院生活

入院生活

リストバンドについて

ご本人であることを確認し、安心して検査や治療を受けて頂くために、リストバンドを着けていただきます。

食事について

  • 患者様の病状に合わせてお食事を提供しております。
  • 一般食(常食・全粥食)を食べている方には、翌週の選択メニュー(夕食のみ)をご用意しております。なお、朝食は和・洋食の選択ができます。
  • 病気や治療の内容によっては、ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。

面会の制限について

面会は、申請したご家族のみとさせていただきます。
  • 帯広厚生病院は、高度急性期病院として、重症患者の安静環境の確保と、感染防止対策及び防犯対策を徹底するため、入院病棟への出入りを患者ご本人とそのご家族(事前に申し出のあった近親の方、身の回りのお世話をする方を含む)に限定します。詳細は入院のご案内をご覧ください。入院されている病棟の出入りエレベーター利用にはセキュリティーカードが必要です。
  • セキュリティーカードの貸与手続きは以下の通りです。
カード①
  • 面会時間 (ご家族 7:00~20:00  ご家族以外の方 15:00~20:00)
カード②

病気の説明・セカンドオピニオンについて

  • 病気や治療に関しては、医師、看護師より充分な説明を受けて下さい。
  • 病気についての説明を受ける方は本人および近親者に限ります。また、電話での病状説明はおこなっておりませんので、ご了承ください。
  • 患者様が、診断や治療方針についてセカンドオピニオンを希望される場合は、主治医にお申し出ください。
※セカンドオピニオンとは、
当院での診断や治療方針に対して、患者様自身が別の病院の医師の説明を受け、双方の内容を検討された上で、治療を受けるための参考にすることです。

センターホール内 情報ラウンジについて

「患者さん・ご家族の方が健康で病気について自ら学び、少しでも主治医との話し合いを円滑に納得のいく治療が受けられること」を目的として、関連書籍を用意しておりますので1階センターホール内情報ラウンジをご利用下さい。
※夜間帯(20:30~7:30)は施錠させていただきます。

地域がん診療連携拠点病院として

  • 当院は十勝管内唯一のがん診療連携拠点病院であり、地域の医療機関、道内の大学病院などと連携し、入院から通院、在宅医療を安心して受けていただけるような体制をとっております。
  • 当院はがん診療連携拠点病院として、「院内がん登録」を実施しており、当院で診断・治療を行った全てのがん患者様についての情報をデータ管理しております。
  • 院内がん登録により蓄積されたデータは国立がんセンターがん対策情報センターに提供され、全国から収集された情報は我が国のがん医療対策を検討する資料として活用されます。
  • 「がん相談支援科」では、がんの事やがん医療に係るご質問・ご相談をお受けしております。どなたでも無料でご利用いただけますので、お気軽にご利用下さい。なお電話でのご相談(概ね15分程度)も可能となっております。
4番カウンター

その他

  • 非常時は看護師又は、病院職員の指示に従うようご協力下さい。
  • ご意見については、各デイルームに設置してあるご意見箱への投函をお願いします。

最終更新日:2019年02月13日

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 入院される方
  3. 入院のご案内
  4. 入院生活